【悲報】イスラム国に渡った女性さん、もう取り返しがつかないと泣く

帰国を希望していた元「イスラム国」女性 米政府は入国認めず

【ワシントン時事】過激派組織「イスラム国」(IS)に感化されてシリアのIS支配地へ渡航し、プロパガンダ要員を務めていた米国出身の女性(24)が、帰国を希望している。

これに対し米政府は20日、女性が米国籍を持っていないとして、入国を認めない方針を明らかにした。

米国行きを希望しているのは、イエメン元外交官の娘でアラバマ州出身のホダ・ムサナさん。学生だった4年前にシリアへ渡り、IS戦闘員と結婚した。現地からインターネット交流サイト(SNS)を通じて米国人の殺害を呼び掛けるなどしていたが、クルド系民兵組織に投降。現在はシリア北部のキャンプで生活している。

20日放送の米ABCテレビのインタビューで「本当に後悔している。米国が私のことを脅威と考えず、受け入れてくれるよう望む」と語り、生後18カ月の子供と共に帰国したいと訴えた。

これに対しポンペオ国務長官は20日の声明で、ムサナさんが「米市民ではなく、有効な旅券も旅券を持つ権利もない」として、入国させないと表明。トランプ大統領もツイッターで「ポンペオ長官に入国を認めないよう指示し、長官も同意した」と明らかにした。

http://news.livedoor.com/article/detail/16054406/

 

sakamobi
sakamobi

もうスパイやろこれ

コメント