sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

iPhoneが売れない!「新iPhone」の初動販売台数、前年の3割減に

   

iPhoneが売れない!「新iPhone」の初動販売台数、前年の3割減に

 2017年9月22日に販売が始まったアップルの最新スマホ「iPhone 8/8 Plus」の発売日から5日間の販売台数は、昨年と比べておおむね3割減となったことが分かった。調査会社のBCNが9月28日に発表した。

昨年のiPhone 7/7 Plusと比べて新鮮味に欠けると考える人が多いことや、ひと足遅れての登場となる上位モデル「iPhone X」を狙う“X待ち”のコア層が購入を見送っていることなどが影響した。携帯電話全体におけるスマホの割合が9割を超えて需要が一巡したことや、「実質ゼロ円販売」の自粛が影響したことも要因として挙げた。

なお、BCNの調査データは、iPhoneの販売台数が多いアップルストアや携帯電話キャリア、ヨドバシカメラなどの一部大手家電量販店のデータは含んでいない。実際の販売台数はもっと多いのは間違いないが、同一条件で継続的に調査をしていることから、販売の傾向や推移は把握できる。

●去年と比べ、スタートダッシュの販売台数は3割減

BCNは、2008年7月に登場した「iPhone 3G」以来、予約分を含めた発売日以降の5日間の累計販売台数を継続的に集計。以降のモデルでは、iPhone 3Gの販売台数を基準に1とし、それと比べてどれぐらいの台数が売れたかを指数として表している。このデータを見れば、どれだけ前評判が高かったかが判断できるわけだ。

同じタイミングで登場した派生モデル(4.7型のiPhone 8と5.5型のiPhone 8 Plusなど)を合算した指数で見ると、iPhone 8/8 Plusは2.92となり、4.23だった昨年のiPhone 7/7 Plusと比べると31%減となった。

BCNの道越一郎チーフエグゼクティブアナリストは「2011年10月に登場したiPhone 4S以来の低さといえる。iPhone X狙いの人がiPhone 8/8 Plusの購入を見送ったのもひとつの要因といえるが、新鮮味に欠ける点が消費者の購買意欲をかき立てられなかったのだろう。発売当日、量販店やキャリアショップの店頭が静かだったという声があったが、それが数字に表れた」と語る。

期待のiPhone Xが発売されれば数字が上向く可能性もあるが、道越氏は否定的な意見を述べる。「iPhone Xは販売価格がかなり高価になると予想されており、コアなファン以外は手を出さないのではないか」と語り、11月に登場するiPhone Xを含めた3モデルを合わせても昨年の販売台数には及ばないと分析する。ちなみに、NTTドコモにおける販売価格は、iPhone 8(64GBモデル)が8万8776円なのに対し、iPhone X(64GBモデル)は12万5064円と4万円近く高い。

5.5型のiPhone 8 Plusの比率が上昇、4型のiPhone SEも堅調

 iPhone 8/8 Plusの販売状況で目を引くのが、5.5型液晶を搭載したiPhone 8 Plusの比率が高まっていることだ(前ページのグラフを参照)。iPhone 7/7 Plusでは、販売台数の比率が20:1前後と大きく差がついていたのに対し、iPhone 8/8 Plusでは3:1前後にまで近づいた。道越氏は「各社のSIMフリースマホは大画面化がトレンドになっている。その流れを受けて、iPhoneでも大画面が好まれるようになったのではないか」と分析する。

iPhone 6 PlusやiPhone 6s Plusの大画面を気に入った人の買い替え需要で人気が盛り上がったのも好調の要因といえる。iPhone 8 Plusはカメラに新機能のポートレートライティングが加わり、人物を印象的に表現できるようになったことが好感され、SNSで写真にこだわりたい人が指名買いしている可能性もある。

大画面のiPhone 8 Plusとは対照的な製品だが、4型液晶を搭載した小型モデル「iPhone SE」の堅調ぶりも道越氏は指摘する。販売台数の推移グラフを見ると、iPhone SEはグラフが右肩下がりになることなく1年半以上も底堅いセールスを続けているのが分かる。「登場するかどうかは分からないが、もしiPhone SEの後継モデルがお目見えすることになれば人気を集め、スマホ市場の状況が大きく変わるのではないか」とコメントした。

●メーカー別シェアはアップルが5割超をキープするも、ファーウェイなどが猛追

iPhone 8/8 Plusがいくぶん苦戦しているとはいえ、スマホ全体におけるアップルのシェアは2016年で51.7%と、まだ50%を超える寡占的なシェアを誇る。2位以下は混戦模様となっているが、ソニーモバイルがいまひとつパッとしないのに対して、ファーウェイが堅調ぶりを見せる。6月に発売した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が好調なサムスン電子がシェアを向上させ、復活の兆しを見せているのも注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-45922005-trendy-sci

みんなX待ちだからしゃーないね(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, ニュース, ネット