スポンサーリンク

iPhoneのガチの原価、113円だった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone6が113円!?原料となる物質を金額に換算した場合

無粋ではありますが、どんな人間ででも水素、酸素、炭素などの元素に還元できてしまうように、iPhoneも例外ではりません。

Statisaが行ったのは、iPhoneを構成する部品ではなく、それぞれの「原料」がどれだけのシェアを占めているかという調査です。
129gの16GBモデルiPhone6を対象にした分析の結果、一番多く含まれていたのはアルミニウムで31.5g、次が炭素で19.9g、酸素で18.7g、鉄で18.6g……と続きます。

アルミニウムと鉄で重量の40%近くを占めていますが、価値はそれぞれ0.055ドル(約6円)と0.002ドル(約0.2円)です。
コバルトとニッケルなどのレアメタルを合わせても、トータルでは1.03ドル(約113円)ほどに過ぎません。

iPhone6が113円!?原料となる物質を金額に換算した場合
  iPhoneを構成するもののうち、一番重いのは何でしょうか。バッテリー、ディスプレイ――。答えはアルミニウムです。 原料ベースでみれば100円少々だが 無粋ではありますが、どんな人間も水素、酸素、炭素などの

 

原価厨の極致(;゚Д゚)

スポンサーリンク
IT・スマホニュースネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakamobiをフォローする
スポンサーリンク
sakamobi.com

コメント