【朗報】お前らのカッコいい呼び名が決まる「インセル(不本意の禁欲主義者)」

【朗報】お前らのカッコいい呼び名が決まる「インセル(不本意の禁欲主義者)」

不本意の禁欲主義者――「インセル」たちの知られざる世界

カナダ・トロントで4月23日に起きた、歩行者が次々とバンにはねられ10人が死亡した事件で、逮捕されたアレック・ミナシアン容疑者は、「インセルたちの反乱」についてフェイスブックに書き込みをしていたことが明らかになり、これまであまり知られていなかったインターネット上のサブカルチャーインボランタリー・セリベイト(Involuntary celibate、不本意の禁欲主義者)、略し「インセル」への関心が高まった。インセルのネット掲示板に書き込みをしている若い男性たちはどんな人たちなのか。

Presentational grey line

「言うまでもなく、女性が僕を好きになってくれる可能性なんて元々あんまりない」

シカゴに住むジャック・ピーターソンさん(19)はこう語る。彼も米掲示板サイト「レディット」などで、インセルに関するサイトを訪れる多くの若い男性たちの一人だ。

「恋愛でいやな経験を何度かしたことがあるから、どんな気分になるか分かりますよね(中略)過去にこだわらずに新しい恋愛を始めるのは難しい」とジャックさんは語る。「女性にかなりひどいことをされたことがあるんです」。

このような失敗やいら立ち、怒りや憎しみの空気は、どのインセルの掲示板にも共通している。筆者はインセルの一員だと語る若い男性数人と接触した。10代から20代前半で、女性から拒否されたり、女性に関して嫌な体験をしていた。

掲示板を使うのは孤独感からだ。そこには、自分たちは遺伝子のくじ引きの負け組で、なすすべがほぼないと主張する、怒りを抱えた男性たちがいる。

YouTubeやポッドキャストで自分のチャンネルを持っているジャックさんは、トロントの事件が起きた後にメディア取材に応じている数少ないインセルたちの一人だ。

偽名でなら取材に応じると話した人もいた。恋愛がうまくできないのを恥ずかしく思っているせいもあるが、多くの人は極端な意見も持っているのを知られたくないと思っている。

仮に名前をリアムとしておこう。英国に住む19歳の彼は、もっと低年齢だったころから掲示板に活発に参加してきた。家族と同居しており、無職だ。

「僕には女性嫌いっていう、生きていく上でおよそ助けにならない考え方がある」とリアムさんは認める。

女性を憎んでいるの? と直接的な質問をしてみた。

「ある意味、そうです」とリアムさんはしどろもどろに答える。「そうしないようにしているけど、ただ話していて、本当は言っちゃいけないようなことを言ってしまっていることに気が付く。掲示板を前から見てたってだけで」。

私たちの会話はぎこちなく、考えは脈絡を外れ、やりとりの合間に沈黙が入る。実際の生活で言ってはいけないと思うのはどんなことか、リアムに聞いてみた。すると、彼が女性に対してぶつぶつと言うときがあると話す、ここでは紹介できないような侮辱の言葉をいくつかの言葉が挙げられた。インセル社会に彼がかかわってきたせいなのだろうか。

「関係があるのか実際には言えない。もっと若いときにはそもそも、そんな言葉を言うようなことには多分ならないから。だけど、前だったら自分は言わなかったと思う」

「掲示板のコミュニティーとはこういうもの」とリアムさんは付け加える。「引き込まれて、自分と同じような問題を経験した人たちがお互いの考えを増幅するような場所に入っていく」。

「何かちょっと(したことが)頭に浮かんで、(中略)ずっと極端なことを考えている人がいるのを見て、じゃあちょっとくらい言っても大丈夫だと考える」

リアムさんが指摘する極端な意見は、インセルの掲示板には堂々と書き込まれている。

性と遺伝子

女性は皆、お金が好きで、ふしだらで、他人を操作しようとするという見方は、インセルの掲示板の傾向としてはっきり表れている。ここでは、魅力のある女性たちは「ステイシー」という名前で呼ばれる。

「ステイシー」たちは、欲望と同時に嘲笑の対象でもある。インセルたちは、「ステイシー」たちはいつも、自分たちでなく「チャド」たちの方を選ぶと信じている。

「チャド」とは、性的な面での勝ち組の男たちのことだ。それは単なる性格や自信の程度の比較ではない。多くのインセルたちは、自分たちが遺伝子的に「チャド」たちに劣っていると考えている。

チャドは通常、豊かな金髪をなびかせ、隆々たる筋肉を蛍光色の緑のズボンの下から誇示する男として描写される。スポーツ車も所有しているが、それよりもインセルたちが羨望するのが、男らしい顎の形だ。

このような粗雑な戯画化はつまらないものに思えるが、自分たちはセックスや愛、幸福とは無縁だと信じるインセルたちにとっては、「自分たち対あいつら」という心理的な図式が得られるために重要なのだ。

彼らは特に、「黒い錠剤」(編注:アヘンを示す俗語)理論と呼ばれるニヒリスティックな考え方に魅力を感じている。セックスや性的魅力をめぐる競争は生まれたときから公正ではない、ということを認識しているのは自分たちだけだという考えだ。

インセルたちの掲示板では、自己啓発や前向きな態度は冷ややかにみられる。女性とうまくやれる男はすぐに「フェイクセル」、つまり「偽インセル」というレッテルが貼られる。

不本意の禁欲主義者――「インセル」たちの知られざる世界
「インセル」のネット掲示板に書き込みをしている若い男性たちはどんな人たちなのか。

 

インセル、入ってる( ´∀`)bグッ!

コメント