sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

中2男子、マンション7階で「命懸けの懸垂」した結果

   

21日午前5時25分ごろ、全羅北道群山市のSマンション7階の通路に設置された鉄製の防護柵で、
中学2年生のA君(14)が、「命懸けの懸垂」と呼ばれる遊びをしていて、転落し死亡した。

A君の友人S君(14)は、警察の調べに対し、「友達が突然、『命懸けの懸垂をやる』と言い、止めるのを聞かず、防護柵にぶら下がった。
『懸垂』をする場面は見ていないが、友達が『助けてくれ』と言ったため、引き上げようとしたところ、『あっ』と叫んで落ちていった」と話した。

A君は、現場を通りかかった住民の通報を受け、救急車で病院に運ばれたが、死亡が確認された。
警察によると、A君はS君と、同じマンションに住む同級生のH君と一緒に遊んでいて、
H君が学校の制服に着替えるため自宅へ戻ったとき、防護柵にぶら下がったという。

警察は、A君が懸垂をしていて力尽き、転落したものとみて、当時の詳しい経緯について捜査している。
高層の建物の防護柵にぶら下がる「命懸けの懸垂」は最近、インターネットのコミュニティーで知られるようになり、動画も出回っている。

http://www.chosunonline.com/news/20100622000030

「命懸けの懸垂」って言葉が超厨二っぽいな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット