sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

イジメを放置し小2男児にPTSDを発症させ2年間不登校にした女性教師 「注意が面倒になった、見て見ぬふりをした」

   

イジメを放置し小2男児にPTSDを発症させ2年間不登校にした女性教師 「注意が面倒になった、見て見ぬふりをした」

神奈川県茅ヶ崎市で当時小学2年の男子児童が小学校でいじめを受け、2年間不登校になっていることがわかった。当時の担任は「見て見ぬふりをした」などと話し、いじめを放置していたという。

茅ヶ崎市教育委員会によると2016年3月、市内の小学校に通う当時小学2年の男子児童が複数の同級生から「おまえは俺のおもちゃだ」などと言われたり馬乗りになって殴られたりしたほか、ズボンを脱がされたりするなどのいじめを受けていたという。

男子児童はその直後、PTSD(=心的外傷後ストレス障害)となり、2016年から現在まで2年間不登校だという。

当時、男子児童が両親に訴えたことなどから小学校側はいじめを把握したが、男子児童が不登校になったあとも、「重大事態」ととらえて第三者委員会を設置するまで半年以上かかったという。

また、担任だった女性教師は学校側の聞き取りに対し「注意することが面倒になった」「見て見ぬふりをした」などと話していたという。

第三者委員会は今月、調査結果をまとめ、その中で「学級担任の対応が十分であったとは言えない」と批判したほか、学校や教育委員会の対応の遅れを指摘していて、教育委員会は「対応が遅くなったことは申し訳ない。重く受け止める」としている。

http://www.news24.jp/articles/2018/02/21/07386223.html

>「注意することが面倒になった」「見て見ぬふりをした」

なら教師辞めればいいのに。教師がこんなじゃもう学校にも監視カメラが必須になるね(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット