依頼者が増加中。いじめを探偵が調査するワケ

依頼者が増加中。いじめを探偵が調査するワケ

いじめ 探偵が調査するワケ 依頼する親が増加

子どものいじめの件数は、学校が把握したものだけで、年間30万件以上にのぼっています。
スマートフォンの普及にともない、SNSを使ったいじめも増え、被害者にとっては、誰が相手かわからないケースも多くなり、最近では探偵に調査を依頼する保護者が増えているといいます。

女子高校生
「陰キャっていうよね。(陰気で目立たない子)陰キャ陰キャってすぐ言い出す。陰キャだから遊びにも誘わない、ハブられちゃってる」
女子中学生
「Twitterの裏アカウントで悪口すごい書いたりとか」

SNSを使うなど、陰湿化する子どもたちのいじめ。
今、こうしたいじめの調査を探偵に依頼するケースが増えているといいます。

街の女性
「子供に聞いても、怖くて言えなかったりするから、探偵を使って相手を突き止める、先生はあてにならないし、っていうのは、(お母さん同士の会話で)聞いたことあります」

実際、都内の探偵業者では、1日数件の相談を無料で受けています。
この道、およそ15年の阿部泰尚さん(41)。
阿部さん
「相談数でいうと、今の段階で5,500は確実に超えている」

ある女子中学生のいじめで相談を受けた時のことです。

阿部さん
「脅迫状みたいなのがくる。結構内容が過激だった」

送り主を特定するため、調査を進めて10カ月、ついに封筒の消印から、脅迫状が投函(とうかん)されたポストを突き止めます。
カメラを持って監視を始めると、衝撃の事実が判明しました。

阿部さん
「クラスメイトのお母さんが投函している様子が映った。袖で指紋がつかないように封筒を持って」

被害者の母親は、投函した女性と知り合いだったため、相当ショックが大きかったといいます。
娘のいじめについて、阿部さんに相談したことがあるという父親は…

娘のいじめを探偵に相談した父親
(Q. どうして探偵に相談したのか)
「警察も事件性がないので、もう少しひどくなったら(また相談してくださいと)。学校も基本的にはなかったことにしたいという思いが見え見え。わらをもつかむ思いで紹介していただいた」

いじめの証拠を得るために使うレコーダー。
これをいじめに遭っている子供の防犯ブザーに仕込んで持たせることもあるといいます。
「これをまずとっちゃいます」
「こういう物ですね。で、これを埋め込んでいくという作業になる」
相手の同意を得ず、秘密に録音することについては必ずしも許されるわけではありませんが、いじめ問題にくわしい弁護士は…

小島秀一弁護士
「いじめの現場において、その状況を明らかにするための資料として使うときには、違法なプライバシー侵害とされる可能性はあまり大きくないとは思う」

表示できません - Yahoo!ニュース

 

学校が機能してない証拠だよな(;´Д`)

コメント