池袋暴走事故、元院長の免許取り消し処分を決定 都公安委

池袋暴走事故、元院長の免許取り消し処分を決定 都公安委

東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、東京都公安委員会は31日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)の運転免許を取り消す行政処分を決定した。

警視庁によると、手続きを経て、免許取り消し処分が執行される見通し。飯塚元院長と代理人は同日、警視庁本部で実施された違反についての聴聞会を欠席したという。

事故は4月19日に発生。松永真菜さん(31)と長女、莉子(りこ)ちゃん(3)が死亡し8人が重軽傷を負った。元院長と同乗の妻もけがをした。

池袋暴走事故、元院長の免許取り消し処分を決定 都公安委
東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、東京都公安委員会は31日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)の運転免許を取り消す行政…
sakamobi
sakamobi

取り消しは当たり前だが、なぜ逮捕されないのか。納得いかんわ!😡😡😡

コメント