【池袋母子殺害】精神科医「飯塚幸三が叩かれてるのは一般人の嫉妬。東大卒で順調に出世し勲章持ちの上級国民となった飯塚幸三にみんな嫉妬して叩いてるだけ」

スポンサーリンク

池袋暴走事故「上級国民」だけでなく「家族も死刑」と袋叩きにする人々のヤバい心理
羨望と復讐の念で揺れる人が多い?

片田 珠美 精神科医

スポンサーリンク

「上級国民」バッシング
昨年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し11人が死傷した「池袋暴走事故」の初公判で、過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告は、「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しており、暴走したのは車に何らかの異常が生じたため暴走したと思っております」と自身の過失を否定した。

これに対して批判の声が上がっているようだ。

スポンサーリンク

飯塚幸三被告が、事故は自分の運転ミスのせいではなく、運転車両の不具合のせいと主張したことには、私自身も反感を覚える。

また、「ご親族の皆様に心からお詫び申し上げます」と謝罪したのは、口先だけなのかと疑いたくなる。だから、加害者である飯塚被告本人を叩くのは、理解できなくもない。

スポンサーリンク

だが、そのことと、飯塚被告の家族まで「運転免許を返納させるべきだった」「運転を止めるべきだった」などと責め、攻撃することとは別問題である。

この事故の後、飯塚被告が逮捕されなかったのは「上級国民」だからという書き込みをはじめとする罵詈雑言がネット上にあふれた。また、「家族も同罪」「家族も死刑」といった家族へのバッシングも加熱した。

スポンサーリンク

なぜ家族まで袋叩きにするのか
このように、加害者本人だけでなく、その家族も叩く傾向に最近拍車がかかっているように見える。加害者家族の責任を問い、それ相応の責任を取るまでは許さないという姿勢で袋叩きにするのだ。

とくに、加害者とその家族が恵まれた境遇にいるように見える場合、バッシングはより激しくなる。これは、大衆の胸中に潜んでいる羨望のせいだろう。

スポンサーリンク

羨望とは、他人の幸福が我慢できない怒りにほかならない。東大卒で、順調に出世し、功成り名を遂げた飯塚被告は、大衆の羨望をかき立てる。同時に、飯塚被告のおかげで裕福かつ安楽な生活を送っているように見える家族も羨望の対象になる。

もっとも、羨望は非常に陰湿なので、そんな感情を自分が抱いていることは、誰だって認めたくない。

スポンサーリンク

第一、羨望が自分の心の奥にあるのを認めると、羨望の対象より自分が劣っているのを認めることになる。それは、自己愛が許さない。だから、羨望の対象に何らかの過失や落ち度が見つかると、絶好の口実とばかり攻撃する。

芸能人やアスリートなどの有名人が、不倫が発覚すると、袋叩きにされる一因に、大衆の羨望をかき立てる存在だからということもあるだろう。

スポンサーリンク

「ルサンチマン」と怒り
激しいバッシングにさらされる加害者家族が、恵まれた境遇にいるとは限らない。

羨望よりもむしろ軽蔑のまなざしを向けられる家族もいる。そういう場合も、加害者本人が厳罰を免れるのなら、その代わりに家族が制裁を受けるべきという正義を振りかざして攻撃する人々が少なくない。

スポンサーリンク

このような正義の起源が「ルサンチマン」にあることを見抜いたのは、ドイツの哲学者、ニーチェである。

「ルサンチマン」とは、「恨み」という意味のフランス語であり、一見正義を振りかざしているように見えるが、実は「復讐を正義という美名で聖なるものにしようとしている」人間を、ニーチェは「ルサンチマンの人間」と呼んだ。

スポンサーリンク

加害者家族を執拗に攻撃する人々は、「ルサンチマンの人間」であるように私の目には映る。それでは、何に復讐しようとしているのか?うまくいかない自分の人生に対してである。

人生がうまくいかず、日々欲求不満がたまっていくが、強い自己愛の持ち主ほど、自分の能力や努力が足りないせいだとは思いたくない。欲求不満を解消する手段がなかなか見つからないと、どこかで鬱憤晴らしをする必要がある。

スポンサーリンク

そこで、復讐の口実を常に探すわけだが、事件や事故の加害者とその家族は格好のターゲットになる。したがって、加害者家族に処罰感情の矛先を向ける人々は「裁判官を装った復讐の鬼たち」といえるだろう。

この復讐願望の起源は怒りである。古代ローマの哲学者、セネカが指摘したように、怒りとは「復讐することへの欲望」にほかならない。

スポンサーリンク

怒りは、相手が不幸になるのを待っていられず、「みずから害することを欲する」。だから、加害者家族が猛バッシングに耐えかねて、みずから命を絶つような事態になれば、「ルサンチマンの人間」としては万々歳なのだ。

論理的に考えれば、自分の人生がうまくいかないことは、加害者家族とは何の関係もないはずだ。だが、そんなことはどうでもいい。「復讐の鬼たち」は正義という言葉を常につぶやきながら、誰かを不幸にする機会を虎視眈々と狙っている。

スポンサーリンク

加害者家族へのバッシングが最近激しくなっているのは、それだけ「ルサンチマンの人間」が増えているからだろう。

その背景には、格差が拡大する社会で、「いくら頑張ってもはい上がれない」と絶望感にさいなまれながら、復讐の念で揺れている人が多い現状があるのではないだろうか。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76377?imp=0

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

「片田珠美」で検索するとヤバい画像が大量にwww
ちょっと頭のおかしい人らしい😂😂😂

コメント