【画像】仮面女子の猪狩ともか、大怪我で車いす生活になった現在

猪狩ともか、車いす生活で「基本的な動作はできるようになった」

4月に強風で倒れてきた看板が直撃する事故に遭い、脊髄損傷で車いす生活を余儀なくされたアイドルグループ、仮面女子の猪狩ともか(27)が24日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われたパラスポーツイベント「チャレスポ!TOKYO」に登場した。

仮面女子のメンバーで東大出身の桜雪(26)が政界へ進出するため、来年3月にグループ卒業することを発表したばかり。その理由は、車いす生活になっても懸命にリハビリをして、アイドルに戻ってきた猪狩の姿を見たこと。

猪狩は「報告を受けたときはびっくりしました。自分を見て動き出した人が、身近にいることが感慨深くてうれしかった」と笑顔。桜が政治家向きか?と問われ、「レベルが高くて私には理解できないことを普段から言っている」と異次元の頭脳ぶりを明かした。

事故から8カ月が経過。車いす生活について「基本的な動作はできるようになった。急な坂道とかは介助が必要です」と説明。この日は、東京都の小池百合子知事(66)と車いすカーリングを体験。2020年東京パラリンピックに向けて「リポーターで参加できたら」と夢を語った。

302 Found

 

賠償問題は解決したのかな?それにしてもこの子の諦めない根性は凄いな!👍

コメント