【日本】猛毒タコ見つかる かまれると死亡する恐れ…県「絶対に近づかないで」

スポンサーリンク

かまれると死亡する恐れ、猛毒タコ見つかる…県「絶対に近づかないで」

スポンサーリンク

徳島県は、猛毒を持つヒョウモンダコが徳島県阿南市椿町の沿岸で見つかったと発表した。かまれると死亡する恐れがあり、県は「見つけても絶対に近づいたり、触ったりしないでほしい」と呼びかけている。

ヒョウモンダコは体長約10センチで、沿岸の岩場などに生息する。刺激を受けると、全身に青いリング模様が浮かぶのが特徴。

スポンサーリンク

25日朝、漁業者が網にかかっているのを発見した。

ヒョウモンダコの唾液にはフグと同じ猛毒の「テトロドトキシン」が含まれており、かまれたり、食べたりするとしびれや言語障害が起き、死亡に至ったケースもあるという。

指定されたページが見つかりません。|Infoseekニュース
404ページです。楽天が運営するニュースサイトです。
スポンサーリンク

おわかりだろうか

スポンサーリンク

答え

スポンサーリンク

意:タイ)屋台の串焼きで毒のタコ!致死可能性の猛毒

タイ政府当局のDMCR(タイ海洋資源局:The Department of Marine and Coastal Resources)は、この青色の斑点があるタコは危険なタコで、テトロドトキシンという猛毒を有する絶対に食べてはいけないタコだと注意喚起を実施しています。

https://pattayaja.com/2020/12/01/16446/?amp=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ワンピースで得た数少ない役立つ知識😅😅😅

コメント