不発弾を見つけ警察に通報で騒動に 調べてみると巨大なズッキーニ

不発弾を見つけ警察に通報で騒動に 調べてみると巨大なズッキーニ

ドイツで不発弾騒動 実際は爆弾ではなく大きなズッキーニだった

ドイツ・カールスルーエの南西にあるブレッテンで不発弾騒動が起こった。81歳の男性が「自宅の庭に不発弾がある」と警察に通報したのが騒動の発端。しかし調べてみると、長さ40センチ、重さ11キロの大きなズッキーニだったことが判明した。

ドイツでは第二次大戦中の不発弾処理が社会問題になっており、この男性もズッキーニを爆弾と信じて通報。捜査当局では「誰かが庭に投げ入れたもの」と見ている。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/11/04/kiji/20171104s00042000125000c.html

たしかにこれが庭に投げ込まれてたら焦るわ(;^ω^)

コメント