上半期訪日客15%増、年間3000万人超も 最速で1500万人突破 欧米や豪州からも増加

上半期訪日客15%増、年間3000万人超も 最速で1500万人突破 欧米や豪州からも増加

 日本政府観光局が18日発表した2018年上半期(1~6月)の訪日外国人旅行者数は、前年同期比15・6%増の1589万8900人だった。上半期として6期連続で過去最高となり、このままのペースで増加が続けば、年間の訪日客数は初めて3000万人を超える可能性がある。

格安航空会社(LCC)の増便でアジアからの訪日客が増えたほか、2月から誘客キャンペーンを行っている欧米や豪州からの訪日客が増えたことも影響した。

国・地域別では、中国が23・6%増の405万6400人と最多で、韓国が18・3%増の401万6400人、台湾が9・5%増の250万5800人と続いた。

ただ、6月の大阪北部地震以降、東アジアからの旅行客でキャンセルも出ているという。西日本豪雨の影響も懸念され、観光庁の田村明比古長官は18日の記者会見で「近隣諸国では(日本の)情報も多く入り、敏感に反応する。市場動向を注視したい」と述べた。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180718-OYT1T50048.html

 

これ勘違いしてる人多いけど、日本の魅力が再認識されてるというより、「日本が激安だから」というのが最大の理由。

コメント