【速報】旧芸名「ほっしゃん。」のタレント元ほっしゃんさん、重い口を開く

「元ほっしゃん。」星田英利、政治的ツイート連発でファンも業界もうんざり

元ほっしゃん「3年間で吉本からの仕事たった4日」

旧芸名「ほっしゃん。」のタレント、星田英利(47)が、不遇の時代を振り返り、若手芸人たちにエールを送った。

星田は91年に宮川大輔と結成したお笑いコンビ「チュパチャップス」で頭角を現し、雨上がり決死隊やナインティナインら吉本興業の若手6組によるユニット「吉本印天然素材」に参加してアイドル的人気を得たが、99年に同ユニットが解散した後は仕事が激減。コンビも解散し、東京に進出してピン芸人として活動を始めたが、25日更新のツイッターで「29歳で上京して3年間で吉本からの仕事、たった4日よ、3年間で」と当時を振り返った。

「肉体労働とかバイト4つくらいかけ持ちしてもし今、事故で死んだら新聞に『世田谷区のフリーター、星田英利さん…』って載るのかなと思ったら悔しくて悔しくて。来ると信じてたワンチャンスのために爪を研いでた」と星田。そうした自身の経験から、吉本興業に対する不満を噴出させている若手芸人たちに「だから頑張れ若手」とエールを送った。

https://news.livedoor.com/article/detail/16833972/

sakamobi
sakamobi

おまえ今も仕事ないやん😩😩😩

コメント