テレ東、不適切投稿の「けもフレ2」プロデューサーは「アニメ以外の他の部署に異動しました」

テレ東、不適切投稿の「けもフレ2」プロデューサーは「アニメ以外の他の部署に異動しました」

テレビ東京の定例社長会見が25日、東京・六本木の同局で行われた。

3月まで放送されていたアニメ「けものフレンズ2」を巡り、制作に携わっていた同局プロデューサーのSNS投稿に批判が相次いだ問題で15日、同局が謝罪した件について、川崎由紀夫ライツビジネス本部長は「視聴者に対し、不適切なものがあったということで謝罪しました。このプロデユーサーもアニメ以外の他の部署に異動しています。今はアニメ以外の業務をしてもらっています」と明かした。

「定期人事異動の一環です。先週の異動です」と話した。

同局は15日、「弊社社員のSNSでの発言の中に視聴者の方々を不快にする、不適切なものが含まれていました。作品に対する評価につきましては、視聴者の方々に委ねられており、制作者は、その結果を真摯に受け止めなければなりません。それが、制作者として重要な資質であると考えております。本件に関しまして、深くお詫び致します」と公式サイトで謝罪した。

社員名と発言内容については触れられていなかったが、「けものフレンズ2」を担当した同局アニメプロデューサー・細谷伸之氏のツイートについては以前から「挑発的なのではないか」と疑問の声があった。

「けものフレンズ2」については、その内容について、2017年に放送された1期と方向性などが大きく変わり、疑問の声が噴出。細谷氏始め関係者のSNSに批判の声が集まり、大きな議論を呼んでいた。

「メディアに携わる人間が会社のSNS、個人のSNS関わらずどうSNSと関わるかは常に整備している。常に問題があれば見直しているのが実態です。視聴者のご意見には常に真摯であるべきと社内では浸透させています。視聴者にどのような反応を届けられたとしても、きちんと正面からテレビ東京は受け止めなければならないという姿勢の現れです」と小孫茂社長(67)も答えた。

川崎本部長は「視聴者のご意見を皮肉ったり、あおったりした部分があったので、それ全般(が不適切)だったということです」と元プロデューサーの言動の“不適切”な部分を説明。その上で社内処分については「処分ということではなく、定期異動の一環として異動になったということ。ネット上、臆測など出るが、社内の判断です」とした。

また、元プロデューサーについて、同本部長は「本来ならば、自分の関わっている番組を宣伝したいということでやったが、対応を誤ったということで反省しております」と明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000107-sph-ent

sakamobi
sakamobi

しょーもない幕切れだな😅😅😅

コメント