【悲報】俳優・山本耕史「堀北真希ええな、、せや!手紙40通送ったろ!」→堀北「好き!結婚して!」

スポンサーリンク

40通の手紙を書いて「交際0日婚」、土方歳三ゆかりの地を訪ね歩き…45歳になった俳優・山本耕史の「のめり込み力」

スポンサーリンク

俳優の山本耕史がきょう10月31日、45歳の誕生日を迎えた。芸歴は赤ちゃんモデル時代を入れると、すでに40年以上になるという。10歳で『レ・ミゼラブル』で舞台デビューしたときからも35年が経つ。

そんな彼が広く世間に知られるようになったのは、『愛という名のもとに』(1992年)、『ひとつ屋根の下』(1993年)と大ヒットドラマにあいついで出演したときだろう。前者では鈴木保奈美演じる高校教師が受け持つクラスの一生徒、後者では車椅子で暮らす6人兄弟の末っ子と、いずれもナイーブな少年の役だった。

スポンサーリンク

堀北真希と「交際0日」で入籍
しかし、それから10年あまりのち、NHKの大河ドラマ『新選組!』(2004年)で新選組の副長・土方歳三を演じたときには、かつてのナイーブなイメージはすっかり消え去っていた。

当人も『新選組!』は一つの転機だったと語る。同作の脚本を手がけた三谷幸喜とはその4年前に舞台『オケピ!』で初めて仕事をした。このときの山本は、自身の追い求める理想の演技になかなか届かず、葛藤の日々を送っていたという。三谷はそんな彼の姿を見ていたらしい。

《そこで、僕の優しそうで真面目そうな見た目のイメージと、実際の僕自身とに、すごくギャップがあると気づかれた。そしてそれが“鬼の副長”と呼ばれた土方歳三にピッタリだと、オファーしてくださったんです》と、山本はのちに明かしている(※1)。

スポンサーリンク

「のめり込み力」のなせるわざ
『新選組!』出演当時、彼は《役者として大事なのは、どれだけ役を作り込めるかだ》として、《なんだかんだいっても役者って役を愛さないと、いいもの作れないと思うんですよね》と話していた(※2)。土方歳三を演じるにあたっても、ゆかりの地をいくつも訪ねて歩いたという。そんなふうに役にのめり込めることこそ、俳優・山本耕史の真骨頂といえる。

山本といえば、それまでたびたび女優と浮名を流しながら、2015年に堀北真希と結婚して世間を驚かせた。このとき、彼が堀北に対し、手紙を40通も送るなど何度もアタックした末にプロポーズを受け入れられ、「交際0日」で入籍したことが話題を呼んだ。これもまた彼の“のめり込み力”のなせるわざではないか。

スポンサーリンク

山本の堀北へのアプローチの仕方には、世間から「イケメンだから許される」といった声も上がった。しかし、山本はけっして自分がイケメンであるのを鼻にかけてアタックをかけたわけではないだろう。当初、「ラブレター」と報じられた40通の手紙も、のちに彼自身が明かしたところによれば、舞台で共演した彼女へのアドバイス的なものだったという(※3)。堀北も彼のルックスではなく、そんな優しさや情熱にこそ心を動かされたのではないか。

もともと彼は大の手紙好きで、結婚する10年ほど前には《ラブレターはもらうより、書くほうが多いと思う。それこそ、君がいないとベイビー! みたいなことも書いてきましたね》と話し、恥ずかしくなったりしないのか? という問いにも《恥ずかしくないですよ》ときっぱり答えていた(※4)。

スポンサーリンク

堀北への手紙は、山本が彼女にのめり込むばかりでなく、相手のことも思いやって送られたものだったのだろう。それは彼の俳優としての姿勢とも重なる。『新選組!』出演時のインタビューでは、客に喜んでもらうためには、役になりきって感情だけで演じるのではなく、感情と表現力とのバランスが大事だと強調していた。それだけに、《後半に近づいて土方歳三という役が馴染んできたことで、かえって自然に演技ができすぎて怖い》と口にしていたほどだ(※2)。

スポンサーリンク

ドラマ『植木等とのぼせもん』(2017年)で往年の人気コメディアン・俳優の植木等を演じた際にも、自分を植木にどれだけ寄せて演じるのかを考え、《似せすぎるとものまねになって、あざとくなる。まったく寄せずに演じれば、今度は「植木さんじゃない」と言われる。どこを落としどころにするかは、ディレクターとも何度も議論しました》という(※5)。たしかにこのときの山本は、声などはかなり植木に似せつつも、けっしてモノマネではなく、ごく自然に演じていた。

スポンサーリンク

私生活では、40歳で父親に
山本演じる植木等は、弟子に取った小松政夫を優しく見守りながらも、ときに厳しくも接して父親のような慈愛を感じさせた。ほかの作品でも、このころから『トットちゃん!』(2017年)や『仮面ライダーゼロワン』(2019年)など父親役を演じることが増えてきた。ここには、私生活で40歳にして子供を儲けたことも少なからず影響しているのだろう。

スポンサーリンク

そのなかにあって、一昨年に放送された『抱かれたい12人の女たち』は、山本がバーのマスターに扮して、毎回、客役の1人の女優と台本なしで即興劇を演じるという異色のドラマだった。そこでは、山本ががっちりとした裸体を披露して相手をうっとりさせたかと思えば、逆に相手のペースに飲まれてたじたじになったりと、男女の駆け引きが垣間見えてスリリングだった。

スポンサーリンク

山本の筋骨隆々ぶりはもはや周知のところである。彼に言わせると《日本では俳優って割と細いのがいいとされてるじゃないですか。でも僕は、筋肉がついたデカい体がいいと思ってるんですよね。筋肉があると瞬発力が出るし》ということらしい(※6)。

ときにはその体が笑いのネタになることもある。三谷幸喜の大河ドラマ2作目となる『真田丸』(2016年)で石田三成を演じたときには、加藤清正と福島正則から、病に臥した豊臣秀吉の回復を祈る水ごりに誘われ、三成がいやいや脱いだところ、鍛えすぎた体に「気持ち悪い」と言われるシーンがあった。

スポンサーリンク

このとき、三谷からは事前に「脱いでもらいます」と言われており、3~4カ月かけて体をつくったという。

昨年の自粛期間中も筋トレに打ち込んでいたとか。自粛明けに上演された三谷作・演出の舞台『大地』ではスター俳優に扮し、以前より一回りも二回りも大きくなった見事な体を披露している。

スポンサーリンク

「裸で出てきたら面白いなと思って」
このときは『真田丸』とは逆に、山本のほうから《スターの役なので、ここで何もやってないのに裸で出てきたら面白いなと思って》裸になり、三谷が改めて脱ぐシーンを追加したという(※7)。役にのめり込みつつも、客を喜ばせようというサービス精神がここでも発揮されている。

45歳を迎えてまもなくして来月3日には、一昨年に放送された人気ドラマの劇場版『きのう何食べた?』の公開を控える。本作で山本は、恋人である年下の青年に振り回される芸能プロ社員を演じている。

スポンサーリンク

同じく来月スタートするNHKのBS時代劇『剣樹抄~光圀公と俺~』では、水戸黄門で知られる徳川光圀の若き日を演じる。来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも、再び三谷幸喜と組み、鎌倉時代前期の武将・三浦義村の役での出演が決まっている。

NHKの時代劇ではこれまでにも『陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~』や『鳴門秘帖』で主演を務めてきた。いずれも美剣士の役で、『陽炎の辻』は2007年より10年近く続く人気シリーズとなった。この世代で時代劇で美剣士を演じられる俳優などそうそういまい。その上、アナクロさをちっとも感じさせない、現代風の美剣士になっている。それができるのもまた、照れることなく役にのめり込める彼だからこそだろう。

スポンサーリンク

※1 『週刊大衆』2020年1月6日・13日号
※2 『GALAC』2004年10月号
※3 「ナリナリドットコム」2015年10月25日配信
※4 『マリ・クレール』2006年6月号
※5 『ステラ』2017年9月8日号
※6 『an・an』2019年6月12日号
※7 「FNNプライムオンライン」2020年7月2日配信

40通の手紙を書いて「交際0日婚」、土方歳三ゆかりの地を訪ね歩き…45歳になった俳優・山本耕史の「のめり込み力」(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 俳優の山本耕史がきょう10月31日、45歳の誕生日を迎えた。芸歴は赤ちゃんモデル時代を入れると、すでに40年以上になるという。10歳で『レ・ミゼラブル』で舞台デビューしたときからも35年が経つ。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ワイがやったらただのストーカー😂😂😂

コメント