【天気の子】本田翼「女優のイメージに縛られず、自由でいたい」

【天気の子】本田翼「女優のイメージに縛られず、自由でいたい」

新海誠監督の話題作『天気の子』で、少女を見守る女子大生・夏美を演じる本田翼に直撃インタビュー。

目標は、誰でもない。“自分がなりたい自分“になること
「撮影で訪れた梅雨時の沖縄では、カメラを回す瞬間だけ見事に晴れました」

そう天真爛漫な笑顔で本田翼は言う。

「どちらかというと、晴れ女かも。その時も、やっぱり!と。何でも気持ちしだい。そこは自信過剰に思いこもうかと(笑)」

出演最新作『天気の子』は、空を晴れにできる不思議な力を持つ少女を巡るラブストーリー。本田は少女を見守る女子大生・夏美を演じる。

「からっと明るくセクシーな夏美は、男性の好きな魅力がぎゅっと詰まった女の子。新海誠監督が、私の無意識な話し方を”夏美っぽい”と言って下さったので、できるだけ作りこまずにやっています」

今年上半期は連続ドラマ、公開映画2本と女優業も超多忙だが、念願のゲーム開発にも意欲的。実はゲーマーとしても有名なのだ。

「“何をしている人?”と聞かれたら、いつかは”私は本田翼です”と言える人になりたい。いや、ならなくてもべつにいいかな(笑)。ただ、いわゆる女優のイメージに縛られず、自由でいたいんです。女優らしからぬ変化球の依頼が来ると、周囲の方が私の何かを面白がってくれてるんだなと嬉しくなります。枠にとらわれない新たな面白いことに、今後もどんどん挑戦していきたいですね」

Tsubasa Honda
1992年東京都生まれ。2006年に活動を開始、モデル、女優のほか、YouTubeでゲーム実況チャンネルの開設、フォロワー220万人のインスタグラムなど、幅広く活動中。女優としての最近作に、映画『空母いぶき』、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート』などがある。

『天気の子』
離島から家出してきた高校生・帆高と、不思議な能力を持つ少女・陽菜。天候が調和を失ってゆく時代を舞台に、ふたりの出会いと恋、そして運命を、美しい映像で描く。監督は全世界的な大ヒットを記録した『君の名は。』の新海誠。本田翼は二人を見守る女子大生・夏美を演じる。
原作・脚本・監督:新海 誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗、森 七菜、小栗 旬、本田 翼
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村 篤
美術監督:滝口比呂志
7月19日(金)全国東宝系公開

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00010004-goethe-ent

sakamobi
sakamobi

そもそも女優のイメージはあまりないが…😅😅😅

コメント