sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

本田 ガーナに惨敗も前向き「誰一人悲観的にはなっていない」

   

本田 ガーナに惨敗も前向き「誰一人悲観的にはなっていない」

 ◇キリンチャレンジ杯 日本0―2ガーナ(2018年5月30日 日産ス)

日本代表MF本田はガーナ戦に先発するも無得点のまま後半14分に途中交代。西野監督初陣を飾ることが出来きず「どう考えても勝たないといけない試合だった」と悔しさをにじませた。

本田は前半33分に中央やや左40メートル付近からのFKのチャンスで見せ場を作るもGKの攻守に阻まれゴールならず。直後のCKからゴール前のこぼれ球に左足で抑えたシュートを放つも、これもGKが至近距離から足でブロックする好反応を見せ、渋い表情で天を仰いだ。

その後は1トップのFW大迫とポジションチェンジをするなど、最前線に入って変化をつけようとしたが好機は作れず。W杯へ向け不安を残す内容となったが「この状況は今に始まったことではない。チームはゼロからのスタートで、みんな前を向いている。誰一人悲観的にはなっていない。ただ、危機感はある」と前を向いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000161-spnannex-socc

 

W杯予選落ちのガーナにホームで惨敗しても「前向き」って、ただ危機感足りないだけなんとちゃう?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット, 芸能