「人食いザメ」なんてこの世に存在しない、と断言できる理由

「人食いザメ」なんてこの世に存在しない、と断言できる理由

『ジョーズ』で貼られた悲しきレッテル

夏の海開きシーズンになると「サメが海水浴場に出没した」というニュースがたびたび報じられます。サメと聞くと、人は反射的に、「わ、危険生物!」とモンスターが現れたかのように恐れおののきますが、ちょっと待って。その「サメ=人を襲うモンスター」というのは実は大きな間違いなのです。

世界でたったひとりの「シャークジャーナリスト」の沼口麻子氏は、地球上を旅していろんなサメと出会った直接体験をもとに『ほほ命がけサメ図鑑』を著しました。沼口氏は断言します!「「人食いザメは存在しません」。サメへの誤解や偏見を解き、サメの「冤罪」を晴らします。

サメから見たら人はカメ

サメは警戒心の強い生きものです。

日常で自然界に生きるサメに近づくことは難しく、万が一遭遇しても、こちらが何もしなければ、まず襲われることはありません。

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジョーズ』では、ホホジロザメが観光客でごった返す海水浴場にわざわざ乗り込み人を襲ったり、サメ退治に来た人間と激闘したり…といったシーンが描かれています。

でも、そんなふうに人間に狙いを定めてサメが襲いかかるなんてことはまずありえません。それどころか、サメのほとんどは人間を見ると一目散に逃げてしまいます。

わたしは、サメの撮影のためによく海に潜りますが、たいていの場合はまともに写真に収めることすらできません。

ただ、フィジーでたった一度だけ、「シャークフィーディング(サメへの餌付け行為)」の最中にレモンザメに甘噛み・・・されたときは、さすがにドキッとしました。

でも彼らを興奮させておいて、そこにあえて近づいたのだから、非があるとすれば紛れもなくわたしのほうです。

世間でよく言われる「人食いザメ」とは、わたしたち人間がサメに対して抱いている勝手なイメージです。彼らが好んで人を食べるなんてことはありえません。

データもそれを物語っています。

アメリカ人の死因を調べた統計調査によれば、1959年から2010年までの約50年間で、サメに襲われて死亡した人は26人。年間平均で0・5人ほどです。

ちなみに、同じ期間に落雷が原因で亡くなった人は1970人、年間平均で37・9人。サメに襲われて死ぬ確率は、実は雷に撃たれて亡くなるよりもはるかに低いのです。

それでもサメが人に噛みつくことがあるのは事実で、サーフィン中に起こる事故がほとんどだと言われています。

なぜなら、人がサーフボードにまたがって座る、あるいはパドリングをする姿を海中から見上げると、サメの好物であるアザラシやウミガメそっくりに見えるからです。

アザラシやウミガメを好んで食べるイタチザメに、サーファーがアタックされたというニュースが、サーフィンのメッカ、ハワイでときおり報じられます。

以前、わたしもダイビング中にイタチザメに出会ったことがありました。その時は「なんだろう、これは?」といったような表情で近づいてきて、ぎょろりとわたしを観察し、その後スッといなくなりました。もしかしたら、イタチザメは好奇心旺盛な性格なのかもしれません。

また、潜水漁で、漁獲物もろとも潜水夫が噛みつかれることもあるようです。

1992年、瀬戸内海でタイラギという貝を獲る漁をしていた潜水夫が、行方不明になる事件が起きました。

消息が途絶えたところからは、腰の部分がズタズタになった潜水服やヘルメット、母船との通信に使うケーブルの断片などが発見され、それらに残った傷跡から、ホホジロザメに噛み付かれた可能性が高いという結論に達しました。

結局、潜水夫も犯人のサメも発見されず、腰につけた網に貝を入れていたため、そのにおいがサメを引き寄せたと考えられています。

海の中では、激しい生存競争が繰り広げられています。捕食する側のサメは懸命に獲物を探し、捕食される側にいる生物は、生き延びるために必死で逃げようとします。

「魚類最強のハンター」と呼ばれるホホジロザメでも、1ヵ月くらい獲物を見つけられず、腹を減らしてさまよっていることがあると聞きます。そんなときに好物らしき姿を見かけたり、美味しそうなにおいを嗅ぎつけたりしたら……。

人がサメに噛み付かれる事件というのは、そういういくつかの偶然が重なって起きてしまうものなのです。

『ジョーズ』のホホジロザメは無罪です

現在、サメの仲間は、509種が確認されています。このうち、人に噛み付く可能性があるのは1割程度。残りの9割は、「サメは怖い」という多くの人が持つイメージとは裏腹に、臆病で、人間と遭遇すると警戒して逃げてしまうか、無関心かのどちらかです。

人に噛み付いたことのあるサメの記録は、「国際サメ被害目録(International Shark Attack File)」というウェブサイトにまとめられています。

それによると、これまでの被害件数がもっとも多いのは「ホホジロザメ」、次いで「イタチザメ」、「オオメジロザメ」、「シロワニ」が続き、「カマストガリザメ」、「オオセ」の仲間などが並びます。

日本ではイタチザメによる被害が多く、ホホジロザメも数件報告されています。小笠原諸島近海はシロワニの生息地ですが、その被害は報告されていません。

これらのサメで被害報告が続いているのは、彼らの生息域と人間の活動域が重なり合うからです。ホホジロザメの生息域はカリフォルニアやハワイなどのサーフィンエリアと重なり、イタチザメは温かい海を好み沿岸域でエサをとります。いずれも、海水浴客と遇う可能性が高いのです。

歴史上でもっとも悲惨な「サメの襲撃事件」は、日本の歴史にも深く関わっています。

広島に原子爆弾が投下される12日前、アメリカ重巡洋艦「インディアナポリス」は、米国本土からサイパン島近くのテアニン島へ原爆を運んだ後、フィリピン海で日本の潜水艦の魚雷攻撃に遭い、沈没しました。乗船していた1000人を超える米軍兵士たちは、サメの群れに襲われ、命を落としたといわれています。

この話は、映画『ジョーズ』のエピソードにもなっています。主人公とともにサメ退治に出た漁師が、インディアナポリスの襲撃に遭った米兵の生き残りで、「1100人の将兵のうち、サメの餌食にならなかったのは、316人だけだ…」と語るシーンがあるのです。

このセリフとおり、実際に救助された生存者は316人。しかし実際には、雷撃そのもので約300人が死亡、残りは救命ボートなしのまま海に投げ出され、5日間も漂流していました。

沈没からようやく救助されるまでに亡くなった米兵の大半は、水分と空腹、低体温症が死因だと言われています。

ちなみに、この映画『ジョーズ』には、大きな間違いがあります。それは、登場するサメの種別と大きさです。

設定では、全長8mの「ホホジロザメ」のオスとなっていますが、これまで確認されている最大のホホジロザメは、メスの個体で全長6・4mです。オスは大きくなっても4~5mと考えられています。

さらにいえば、ジョーズがホホジロザメという設定にも無理があります。

『ジョーズ』の脚本は、1916年に米国の大西洋沿岸で起きた「ニュージャージーサメ襲撃事件」をモデルにしています。わずか12日の間に5人がサメの襲撃に遭い、4人が亡くなりました。

このときのサメは、当初はホホジロザメと考えられていましたが、今ではオオメジロザメと推定されています 。

サメ研究の大家レオナルド・コンパーニョ博士の見解によれば、このオオメジロザメこそ、サメのなかで「人類にとってもっとも危険な種」なのだそうです。

わたしはサメに襲われた体験がないので、実感はありませんが、サメも野生生物です。ほかの野生生物と同様に「すべてのサメは人を襲う」のではなく、「なかには人間に危害を加えるサメもいる」という認識のほうが正しいのです。

結果、絶滅の危機に瀕している

『ジョーズ』の上映以降、不幸なことにサメには「凶暴・獰猛」というイメージがつきまとうようになり、映画やテレビ番組では、危険な生物としてしか描かなくなりました。

この誤解によって、サメはしばらく暗黒時代を過ごします。悪者退治でヒーローを気取りたい人間に、ゲームフィッシング(釣りをスポーツとして楽しむこと)でむやみやたらと狙われ、多くのサメが今でも命を落としているのです。

野生生物の絶滅を評価する、国際的な自然保護ネットワーク「国際自然保護連合(IUCN)」のレッドリストでは、476種のサメをその評価対象にしています。このうち、IUCNの定義で「絶滅危惧」に該当するサメは74種、評価対象の15・5%にものぼります。

そのなかには、ホホジロザメや、水族館で人気のジンベエザメ、「ハンマーヘッド」の愛称で知られるシュモクザメの仲間も含まれます。絶滅危惧種にリストアップされるに至った原因は、人間による「サメ退治」の影響を抜きにしては語れません。

それでもいまだに、海外の一部地域ではサメのゲームフィッシングが人気ですし、日本では漁業被害対策として国が助成金を出し、定期的にサメ駆除を行っています。その背景には、恐怖を誇張したフィクションの影響が少なからずあり、この誤解を解くことが、シャークジャーナリストとしてのわたしの大きな務めだと思っています。

「サメ」と聞くだけで「人を襲うモンスター」を連想するのは誤ったイメージです。また、海水浴場にサメが出没したからといって、何も分からないまま海を閉鎖し、人を遠ざけるというのも、サメという生物を知るせっかくの機会を減らしているのではないでしょうか?

毎年、海開きのシーズンを迎えると、海水浴場にサメが出没し、遊泳禁止になるニュースが報じられています。2015年の夏には、駿河湾でシュモクザメの仲間が目撃され、今わたしが住んでいる家の近くの静岡市清水区にある海水浴場もしばらく遊泳禁止になりました。

このとき目撃されたシュモクザメは全長1m前後と小型のものだったそうです。それぐらいの大きさのシュモクザメが人を襲ったという例は、少なくとも日本では報告されていません。

駿河湾には、シュモクザメの群れが回遊する世界有数のダイビングポイントがあり、サメの回遊経路を調査するため海外から研究者もやってきます。

ひとくちに「サメ」といっても、500を超える種が確認されており、そのなかで人に噛み付いたことのあるサメはごくわずか。そのことは、サメを愛する人間のわたしからも声を大にしてお伝えしておきたい!

サメの正しい情報が広まることを、ひとりのサメ好きとして切に願っています。

「人食いザメ」なんてこの世に存在しない、と断言できる理由(沼口 麻子) @gendai_biz
夏の海開きシーズンになると「サメが海水浴場に出没した」というニュースがたびたび報じられます。サメと聞くと、人は反射的にそれを危険をみなし、まるでモンスターが現れたかのように恐れおののきますが、ちょっと待って。その「サメ=人を襲うモンスター」というのは実は大きな間違いなのです。世界で唯一のシャークジャーナリスト沼口麻子氏...

 

うーん、、もちろんサメが意図的に人を襲ってるとは思ってないけど、それと実際に起こってるサメ被害は別問題なのでは?(;・∀・)

コメント