【悲報】ひろゆき「僕はクロックス履いて他人に会う。それでクロックスかーって思った奴は終わり。」

スポンサーリンク

ひろゆきが「会った瞬間に『頭が悪い』と感じる特徴・ワースト1」

スポンサーリンク

現在、テレビやYouTubeで圧倒的な人気を集め、100万人を超えるフォロワーがいる、ひろゆき氏。
24万部を突破したベストセラー『1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、人生のターニングポイントでどのような判断をして、いかに彼が今のポジションを築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、ひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。

スポンサーリンク

● 初対面で、バレる

――人と会った瞬間に、「この人、アタマいいな」あるいは「この人、アタマ悪いかも」と見分けるコツってありますか?

ひろゆき氏:僕は、世間でいうと有名な人の部類に入ると思うんですが、有名人と会うとやたらと褒めまくる人っていますよね。「ふだんテレビやYouTube見てます!」「すごいですね!」「さすがですね!」と、やたらと褒めてくる。ただ、僕は褒められれば褒められるほど、その人のことが嫌いになるんですよね。

ここで、頭のいい人なら、僕があまり嬉しそうにしていないのを見て、スッと話題を変えたりできるんですが、頭の悪い人はいつまでも「いやー、すごいですね」「ひろゆきさんのようになりたいっす」というように、褒めるのをやめないんですよ。

そういう所作に現れると思いますけどね。

スポンサーリンク

――一般的には褒められると嬉しいものですけどね。

ひろゆき氏:他人を褒める人って、別のメリットを得ようとしているんですよね。わかりやすい例だと、何かを売りつけたり、自分のことを好きになってもらおうとしたり。そういう押し付けがましさが、「褒める」という行為には滲み出ちゃうんですよね。

おだてることで心に入り込んでコントロールしよう、みたいな。それを意識的にやっている人もいますし、無意識的にやっている人もいます。無意識的にやっている人は、もしかしたら、その方法でしか子どもの頃から友達ができなかったのかもしませんね。

スポンサーリンク

――ぜんぜん褒めてこない人もいますよね?

ひろゆき氏:そうですね。初対面でも僕に興味を持っていない人もいます。でも、そういう人のほうが仕事においては有能だったりします。僕の顔色を見て、何か雑談したほうがよさそうなら、最近の出来事の話を振ってみたり、逆に忙しそうならさっさと仕事の本題に入ることができたり。

そうやって臨機応変にできる人が優秀だと思いますね。そして、よくあるあるなんですが、ある程度、仕事をやったあとに、ぼそっと「YouTube見てます」「本読んでます」と言うようなパターンが多いですね。その話の順番だと、僕もあまり照れがないという(笑)。

スポンサーリンク

● インスタグラムに生息する 「何で稼いでいるのかよくわからない人」

ひろゆき氏:褒めるって、雰囲気でやってますよね。「STAP細胞」が持て囃されてしまった悲劇がありましたが、あれと同じことです。ちゃんと結果が出て、実証されたものに対して「すごい!」と褒めるのは、わりとまっとうなことだとは思います。

でも、まだ結果が出ていないときに、「(なんかよくわからないけど)すごい!」と褒めて持ち上げたのが、あの事件なわけです。

スポンサーリンク

――メディアも頑張っている姿勢だけを映し出しましたよね。

ひろゆき氏:はい。「割烹着」とか「本人の見た目」の部分ばかりに目がいっていたんでしょうね。あの瞬間に褒めていた人は、自分の行動を省みたほうがいいと思いますよ。

全身をブランド物で固めていたり、相手のブランドにすぐに食いついて「すごい!」と褒める人も要注意ですね。そういう「わかりやすいもの」でしか人を判断できないことを認めているわけですから。

お金持っていそうな見た目なのに「本業は何をやっているの?」と聞いたら実態がよくわからない人もいますからね。インスタグラムとかで羽振りのいい生活を自慢しているような人です。

スポンサーリンク

――「表面的なもので判断しない人かどうか」も初対面でわかりそうですね。

ひろゆき氏:僕みたいにクロックスを履いているのを見たときに、明らかに怪訝な表情を浮かべるような人ですね。

「この人、クロックスで来たんだ……」と思っているかもしれませんが、僕から見たら、「この人、人を見た目で判断するんだ」とカウンター攻撃をされているのに気づいていないわけですね。身なりはそういう判断材料になりますよね。

本当に頭のいい人は、そういうものにとらわれずに相手と1対1の話ができますから。話の中身で判断する人。そんな人とだけ付き合うようにすればいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

ひろゆき
本名:西村博之
1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。主な著書に、24万部を突破した『1%の努力』(ダイヤモンド社)がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/245501b48cbca86a6c6ad816f10d3bfb93082e85

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

こいつ人と会うだけで謎の攻防しとるんか?😂😂😂

コメント