ヒモでつないだ財布を電車に置き忘れ→10m引っ張られ転倒→ヒモが切れ財布だけ乗車

ヒモでつないだ財布を電車に置き忘れ→10m引っ張られ転倒→ヒモが切れ財布だけ乗車

ひもでつないだ財布置き忘れ 電車走り男性並走10mも転ぶ

JR西日本は25日、神戸市垂水区のJR神戸線垂水駅で、電車から降りた40代の男性がひもで体とつないでいた財布を車内に置き忘れ、発車した電車に引っ張られてホーム上を約10メートル走った後に転倒して軽傷を負った、と発表した。

JR西によると、転倒事案は同日午前0時40分ごろに発生。男性は松井山手発西明石行き普通電車からホームに降りたが、財布のひもが電車のドアに挟まったため、10メートルほど並走して転んだ。ひもは切れて電車は走り去り、男性は手や唇にすり傷を負ったという。

男性が電車から一度離れたため、この電車の車掌はひもが挟まっていることに気付かなかったという。

JR西はこの事案を約18時間後の同日午後6時50分ごろに発表。「男性に事実確認できたのが夕方だった」としている。

神戸新聞NEXT

 

すり傷程度ですんでよかったね(;´Д`)

コメント