裕福な乗客のおかしな注文 航空会社が語る

裕福な乗客からの「クレイジー」な要求を、航空会社が語った。

飛行機を馬のために貸し切った乗客や、移住のために飛行機2機丸ごとの金額を支払った乗客がいた。

また、欧州から米国に飛んだ乗客は、ペットの犬が清々しい空気のなかで散歩できるよう追加の着陸を注文した。賞を取った豚を運ぶため機体をチャーターした人もいた。
グルメ用のハンバーガーに新鮮なフルーツや野菜を注文した乗客がいた。これだけでは何ら変哲もないのだが、食事はオウム用だった。

50歳をケーキとロウソクで祝うため、消防士を連れて搭乗した人もいる。専門家なしに機内で直火を使うことは禁止されている。

その他にも家に忘れた携帯や犬、オウム、酒のために飛行機がチャーターされたことも。ニューヨークからシカゴに食事を配達させるため飛行機を注文した顧客もいた。

裕福な乗客のおかしな注文 航空会社が語る
裕福な乗客からの「クレイジー」な要求を、航空会社が語った。

 

ワイもこんなクレイジーな要求ができるような金持ちになりたいなぁ(;^ω^)

コメント