西野朗「コロンビア戦のハーフタイム中に『引き分けでいい』という声が上がった」

西野朗「コロンビア戦のハーフタイム中に『引き分けでいい』という声が上がった」

西野監督「マネを抑えるのは可能」、セネガル戦での徹底マークを明言

サッカー日本代表の西野朗(Akira Nishino)監督は、24日に行われるW杯ロシア大会(2018 World Cup)グループHのセネガル戦でサディオ・マネ(Sadio Mane)の徹底マークを予定しており、必要であれば3人をマークにつける準備があると明かした。

大会開幕を目前にして西野監督を指揮官に据えた日本は、初戦でコロンビアに2-1で勝利する金星を挙げてH組の首位に立っている。

セネガルに勝利すれば日本の16強入りはほぼ間違いない。西野監督は格上の急所を突くと明言しているが、セネガルのスピードとパワーを警戒している。イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)でプレーするマネら、セネガルには一人で試合を決めることができるタレントがいる。

日本はDF吉田麻也(Maya Yoshida)からマネの情報を得ることができる。吉田は2016年にマネがリバプールに移籍するまで同リーグのサウサンプトン(Southampton FC)でチームメートだった。

西野監督は、日本の選手全員が26歳の危険なストライカーの抑え方の説明を受けたと話す。

「吉田だけでなく、マネに関する情報を全員に与えているが、彼がマネと何度かデュエルする状況になるのは間違いない」「マネだけであれば対応できると思うが、彼のチームへの貢献度が問題だ。彼を一対一だけでなく三対一で抑えることはできるかもしれないが」「彼を止めるのは可能だが、彼がほかの選手に与える影響も問題だ。われわれはそれを懸念している」

ヴァイッド・ハリルホジッチ(Vahid Halilhodzic)前監督の解任に伴い4月に指揮官に就任した西野監督は、ロシアW杯に向けて準備する時間が限られていたため、日本に対する期待は薄かった。しかし日本は10人のコロンビアを倒してグループのトップに立った。

西野監督は1-1で迎えた同試合のハーフタイムに引き分けで御の字と考える選手がいたと明かす。「ハーフタイムに選手数人から『俺たちはよくやれている。引き分けでいい』という声が上がった。だが私は勝てるし勝たなければならないと言った。なので勝利を目指して攻撃的な戦術を与えた。このことがグループの首位にいる理由だ」

「2試合目が重要だとずっと言ってきた。誰がプレーしても勝たなければならない。勝ち点3を取りにいく。多少リスクがあっても攻めて勝負をかけたい」

表示できません - Yahoo!ニュース

 

開始三分でPKと数的優位をもらってんのに「引き分けで御の字」ってヘタレ過ぎるやろ(;´Д`)

コメント