【YouTuber】HIKAKIN 自宅マンションから「SNS・YouTube投稿禁止」警告 家賃300万円の自宅で撮影した動画を投稿できなくなるかも

スポンサーリンク

HIKAKIN 自宅マンションから「SNS・YouTube投稿禁止」警告

スポンサーリンク

人気YouTuber・ヒカキン(HIKAKIN・30才)が、自宅で撮影した動画を投稿できなくなるかもしれない――。そんな情報が舞い込んできた。都心の一等地にある超高級マンションの住民が、困惑気味にこう話す。

スポンサーリンク

「6月頃、マンションの掲示板に、SNSとYouTubeの投稿について注意する紙が貼り出されました。“マンションの外観・共用部分のみならず、専用部分であっても、画像・動画を安易に投稿・掲載しないように”という内容でした。ただ、なぜなのか4か月経った今もその貼り紙は掲示されたままで…」

そのマンションには、テレビやCMなどにも出演するヒカキンが住んでおり、幾度となくマンション内から話題の動画を配信してきた。

スポンサーリンク

「ヒカキンさんは住居用と動画編集用に隣り合った3LDKの部屋を2つ借りているので、合わせて6LLDDKK。家賃は前に住んでいたマンションの3倍だそうで、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などを合わせた初期費用だけで“ランボルギーニが買える”と本人がレポートしていました。毎月家賃を300万円も払っているとか」(ITジャーナリスト)

本人が「50m走ができるくらい長い」と明かす廊下や、マンションからの眺望、17個にも及ぶエアコンのリモコンなどが「すごい」と視聴者の間で話題になった。

スポンサーリンク

「その動画を見た視聴者の中に、マンションを特定しようという動きがあった。それを知ったほかの住民が動いたようです。超高級億ションですし、資産家の住民も多い。それだけに“こんなに部屋の細部までさらされたら、セキュリティーが心配だ”という声が上がった。ヒカキンさんの動画チャンネルは約800万人が登録していますから、不安を訴える気持ちもわかります。かといって直接注意するのも難しく、貼り紙という形になったようです」(マンション関係者)

しかし、今もヒカキンはマンション内の動画をアップしたり、インスタグラムで写真をアップし続けている。

スポンサーリンク

「貼り紙に法的な拘束力はないですし、ヒカキンさんとすれば“仕事の一部”という思いもあるでしょう。それに、高い家賃を払っていて、何も悪いことをしていないのに“何でそこまで言われるのだろう”と思っているかもしれません。自分の部屋でどんな動画を撮ろうが自由ですからね」(前出・ITジャーナリスト)

 ヒカキンの所属事務所に“警告文”について尋ねたところ、

スポンサーリンク

「マンションの管理窓口より、”SNS、YouTube等の投稿を控えるようお願いします”などのご連絡はなく掲出等も存在していないとの回答を得ており、当社としましては、事実という認識をしておりません」

 という回答が返ってきた。一方のマンション管理会社は、

スポンサーリンク

「当社は守秘義務の関係から、マンションの共用部分の管理に関することには、立場上回答ができない。当社が管理会社ではあるが、共用部分の掲示物については、管理組合が管理しており、当社は管理業務の委託を受ける立場でございます」

 と、コメントしている。セレブマンションゆえの悩み、といったところか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000012-pseven-ent

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

まあマンションも特定されてるし押しかけてきてるファン層の質も悪いしで、ほかの住民にとっては迷惑だろうな…😰😰😰

コメント