sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ヒカキンが花火大会開催!!「大人も笑顔にしやがって」「大衆を笑顔にして食う飯はうまいか?」

   

  YouTubeがらみの「炎上」騒ぎが絶えない中、炎ならぬでっかい花火を打ち上げたYouTuberがいる。日本で最もチャンネル登録者の多いYouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)さんだ。

「ずっと花火大会行ってないから……自分で花火大会やっちゃいまーす!」

地元「来年もやってくれよー!」

2017年8月31日にYouTubeに投稿された動画「【500発】自分で花火大会開催したらヤバすぎた!」は、HIKAKINさんのそんな宣言とともにスタートする。

動画は同じくYouTuberで兄のSEIKIN(セイキン)さん、幼稚園時代からの幼なじみだというマスオさんの3人が、夏も終わるというのに花火に縁がなかった鬱憤を晴らすべく、プロの業者に頼んで花火を打ち上げる、という内容だ。テロップによれば、きちんと国や県に使用許可を取り、地元の市役所や消防、警察にも協力を仰いだというから、かなり本格的である。動画中では明言していないものの、複数の目撃ツイートから、茨城県内のグラウンドで撮影したものとみられる。

さて当日、浴衣姿のHIKAKINさんがスタートを宣言するや、色鮮やかな花火が一斉に夜空に輝く。夜空を埋め尽くすばかりに光る大玉小玉、「HIKAKIN YouTube」の文字を描きだす仕掛け花火も。まさに一個人がやるものとは思えない、大規模な「花火大会」だ。

3人はもちろん大喜びだが、上がる歓声はそれだけではない。

「本当は、3人のこじんまりとした花火大会だと思ってたんですけど……なんかね、地元の人が気づいて、めちゃくちゃ人が集まってきてて」

と語るとおり、周囲には野次馬が集まっていたのだ。映像が暗いのではっきりとは分からないが、警備員が出動するなど、かなりの人数らしい。「来年もやってくれよー!」「ありがとー!」と、口々に感謝の声が上がる。

ヒカルは仮装株式、HIKAKINはリアル株式

2ちゃんねるなどの掲示板でもこの動画は好評で、「大衆を笑顔にして食う飯はうまいか?」「いい加減にしろよコイツ 子供だけじゃなく大人も笑顔にしやがって」など、冗談交じりの褒め言葉が相次いで書き込まれている。

HIKAKINさんといえば30日には、所属するYouTuberマネジメント会社「UUMM(ウーム)」が東京証券取引所マザーズに上場を果たしたばかり。HIKAKINさんはUUMMの「ファウンダー/最高顧問」であり、上場前の時点で6万株を有する大株主でもある。チャンネル登録者数も500万を超えた絶好調ぶりが、この花火大会企画にもにじむ。

そんなHIKAKINさんと対照的なのが、YouTuberとしてライバル的存在だったヒカルさんだ。

プラットフォーム「VALU」の仮想株式売買問題で炎上に見舞われてから2週間以上経つものの、「鎮火」の気配が見えない。30日に予定されていたイベント「関西コレクション」への出演も、同じマネジメント事務所「VAZ」所属のYouTuberたちともどもキャンセルを余儀なくされた。花火動画が投稿されたのと同じ31日には、VAZ所属のYouTuberを名乗るアカウントによる「暴露ツイート」と称するものが出回り、「出回っているアカウント及びツイートはすべて偽物です」とVAZ公式アカウントが声明を出す事態ともなっている。

https://www.j-cast.com/2017/09/01307414.html?p=all

ヒカキンとヒカルの世間の評価を見てると、今の若者たちのネットでの評価において「人格」がとっても大事だということが分かる。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット