【悲報】中学生「団塊も氷河期もゆとりもみんなクソ。ただしHIKAKINさんは信頼できる」

スポンサーリンク

信頼できるのは「HIKAKIN」。筋を通さない大人たちに15歳が言いたいこと

スポンサーリンク

10代の新型コロナワクチン接種も広がる中、接種した(していない)体験を、中学3年生を中心に取材し、『「打ちたいけど親が打たせてくれない」コロナワクチン15歳7人に聞いた様々な事情』という記事でまとめた。

その取材の際に、ワクチン接種以外にも、コロナ禍のモヤモヤを子どもたちは口にした。確かに、昨年は3か月に及ぶ休校も体験し、今も幾度目かの緊急事態宣言が延長されている状況の中、息子が当時通っていた中学校でも行事は次々に中止、延期となり、高校受験にも影響が出た。彼らはこれをどのように受け止めているのだろうか。

さらにはワクチン接種を巡って対立したり、感染予防のルールを破って羽目を外す大人、迷走を続ける政府の対応をどう眺めているのだろう。取材で上がった声を中心に、コロナ禍に子どもたちが今抱える本音を探ってみた。

スポンサーリンク

障害だらけ。コロナ禍中の受験
コロナ禍は来春、高校を受験する中3生たちにどんな影響を与えているのだろう。

「普通は月1ペースで実施される会場模試が軒並み中止とか、塾内実施か自宅受験になっちゃって。9月末の模試も、中止の連絡が来たばかり。私は中受(中学受験)してないから、よその会場でやる試験は受けたことがなくて不安です。会場模試を何度か受けて、本番がどんな感じか雰囲気とか知りたかったんだけど、いつになったら受けられるんだろう。自宅受験した模試の結果が返ってきても、本当の実力とか順位とは違う気がして、志望校選びのイメージがわきません」(Dさん/中3/女子)

スポンサーリンク

「塾でもリモートの授業が増えました。家だとだらけちゃうので塾の自習室を利用したいんですが、感染予防で人数制限があって毎日は無理。これから子どもの感染が増えると、また学校が休校になったり、塾もリモートだけになってしまうかもと思うと、すごく心細いです」(Bさん/中3/女子)

高校の学校説明会や見学会も相次いで延期となっていて、受験生たちは不安を募らせているようだ。オンラインでの説明会もあるが、やはり実際に学校に行ってみて在校生の様子を見たり、校舎内を見学するのとは違い、感触がつかみづらいという。

スポンサーリンク

修学旅行や学校行事、生徒の想いはちょっと違う
では学校行事はどうだろう。この感染状況では中学行事のメインイベントともいえる修学旅行は、やはり厳しそうだ。

高1の息子は中学最後の3月、修学旅行代わりに一泊で近県のアミューズメント施設に行った。近隣の中学が修学旅行の実施を断念した中での強行突破だった。当時は子どもへの感染はほとんどなく、少数の感染した子どもも重症化しなかったこともあり、親たちは「学校ががんばって最後の思い出作りをしてくれた」とプチ修学旅行を実施した学校側に感謝しきりだった。

しかし当事者の息子は「あそこなら日帰りでいつでも行けるのにね。だったら学校の体育館にでも泊って、みんなでドッジボールとかポケモンカード大会でもよかった。そのほうが安全じゃん」と、つれない感想で、拍子抜けした記憶がある。

スポンサーリンク

今年も軒並み修学旅行や体育祭などの行事が延期、中止になっているという。関西地方への修学旅行が2度目の延期になったAさん、Cさんはいう。

「6月だったのが9月になって、また延期。先生たちは『この緊急事態が明けたタイミングで絶対に連れて行く! 』って張り切ってるけど、正直『いやそこまでしなくていいから』って気持ちが強い。だって移動中や宿泊先での感染予防は大変だし、旅行先の県にも迷惑でしょ。見学施設とかも閉鎖されているところが多いって聞くし」(Aさん/中3/男子)

「移動中の新幹線やバス内は会話禁止、2人部屋の宿泊先でもほかの部屋との行き来禁止なんで、全然楽しくなさそう。親とか先生が『中学生活の思い出作りに』ってがんばってくれる気持ちはありがたいけど、なんか『行った』っていうアリバイ作りっていうか、『子どものために』っていう先生や親のエモい感情が空回りしている気がします。冷静に考えたら、今は行くべき状況じゃない」(Cさん・中3・男子)

スポンサーリンク

運動は苦手というBさん(中3/女子)は「実は体育祭がなくなってちょっとほっとしてます」と笑う。
「学校行事って全員がやりたいことじゃないですよね。すごく制限して無理やり学校行事をやるより、生徒たちの声を汲んだイベントが1つだけでもできたらとてもいい思い出になると思います」(Bさん)

「コスプレ大会とか、教室の電子掲示板を使ってクラス対抗でeスポーツやるとか、密にならないようなイベントはいろいろあると思うから、生徒のアイディアを拾ってほしい」(Eさん/中3/男子)

スポンサーリンク

政治家も有名人も「筋が通っていない」と感じる
子どもたちは思った以上にクールだ。そして口々に「今はコロナで緊急事態なんでしょ? 私たちのことを思っているにしても、逆に経済とか国の体裁を大事にしてるとしても、なんか……全然筋が通ってないよね」という。

「ステイホームだの密ですって繰り返していた小池都知事たちが、オリンピック関係の外国の偉い人と40人で歓迎会したっていうニュースを見てさ、なにやってんだよと思ったら『海外から来たみなさまに挨拶する場を設けるのは社会の慣習では適切な対応だ』とか言ってて、はぁ? って思った。遠くに住んでいる家族のお葬式に出るのも我慢してる看護師さんとかいるのに、自粛しろっていってる本人たちがそれ? って。

スポンサーリンク

まぁ今、オリンピックやパラリンピックやったこと自体、どうなのって思う。子どものためにも自国開催を、とかいってたけど、自分が住んでる東京でオリンピックをやっても、無観客で直接観戦できなければ、特別な感動もない。家のテレビで観戦するならどこでやっても同じだから(笑)」(Eさん)

「ワクチンの予約が取れない20代の人たちも予約なしで打てるようにしたのはすごいと思ったけど、くそ暑い中、渋谷で並んでる長い行列を見て、バカじゃね? って本気で思った。抽選ならスマホから応募でいいじゃん。わざわざ密状態を作ってる」(Aさん)

スポンサーリンク

「政治家や有名人、世の中の大人への信頼度はガクンと下がった。言動の筋が全然、通ってないから。『経済回さないといけないし―』とか『どうしても外せない用事で』とか『お酒は飲んでない』『会話してないから』なんて、私たちが言ったら『屁理屈だ! 』って怒られるレベルの言い訳を自分たちは平気でしてる。がんばっている大人もいるのは知っているけど、世の中を動かしている中心にもこういう人たちがいるのを見ると、ホントがっかり」(Dさん)

スポンサーリンク

改めて感じた「HIKAKINへの信頼感」
確かに大人としては、ぐうの音も出ない。では彼らは誰なら信頼できるのだろう。この人の言うことなら信じられる、っていうのはやっぱり親? 先生?
自分の親は信頼できるという答えがあった一方で「自分たちのワクチン接種も迷うというか先延ばしにして、私の意向を聞こうともしない親を見て、かなり信頼度が下がりました。医師や専門家がこれだけ詳しくワクチン接種の必要性を解説しているのになあ、って」とつぶやいたのは、自分はワクチンを打ちたいけれど家族が接種に消極的で切り出せないFさん(中3・女子)だ。

スポンサーリンク

「学校の先生の中にも、いまだに平気でウレタンマスクを鼻出しでつけて授業やる意識低い人もいる。そもそもあのマスク、洗いもしないで毎日使ってるんじゃね? って女子がウワサしてるよ」(Eさん・中3・男子)

じゃあ誰の言うことだったら信頼できる? と聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

「う~~~~ん。HIKAKIN、かな」(Aさん)

やっぱりYouTuberか。さすが中高生のメインの情報源、YouTube。でも中学生界隈ではHIKAKINよりももっと人気がある若手のYouTuberがいるのでは? と思っていると「今、なーんだYouTuberか、って思ったでしょ」と鋭い突っ込みが入った。

スポンサーリンク

「仲間と真夜中までカラオケして炎上した有名YouTuberたちもいるけど、HIKAKINは違う。コロナが始まってすぐ自分の動画で『ステイホーム』を呼び掛けてたし、都知事と対談して俺たちが聞きたかった質問をいくつもしてくれた。何度かしてるけど、1億円とか大金をコロナ医療支援募金として寄付してたし。

YouTuberの中にはデマ情報で煽ったり、全然自粛してないダメな人がいるのも知ってるよ。でも、誰なら信頼できるか、俺たちはしっかり見てる。もちろん今後、HIKAKINがやらかしたら、きっちり批判もするし」(Aさん)

「実際に感染した人を治療したり支えている医療従事者の人たちの言うことは、聞く価値があると思います」(Cさん)

スポンサーリンク

「『ワクチン接種すると死ぬ』とか言ってるお医者さんもいるのは知ってますけど、感染症の専門家や医師の多くは、SNSで攻撃されて炎上してもメゲずに、正しい情報を伝えてくれていると思います。とくにインスタでみんなの声を聴きたいといってくれた尾身さんは、尊敬しています。政府に近い立場でいろんなプレッシャーがあるのに専門家として『それでもオリンピックは開くべきでない』と言い切るだけでなく、若い人の声にも柔軟に耳を傾ける姿勢はすごい」(Dさん)

「中学生は世の中に意見を言う機会がないだけで、今の大人たちのすることはけっこう見てますよ。反面教師が多いのは残念だけど。私たちが大人になって、社会の中心として働くのはまだ先のことですが、今の筋の通らない世の中は少しずつ修正していきたいと思います」(Bさん)

スポンサーリンク

今回、子どもの声を気軽に聞き始めた私だが、子どもたちは想像をはるかに超えて、今の大人たちをきちんと見て考えているのに驚いた。大反省すると同時に、未来への希望が湧いた。私たち大人よりも中学生のほうが、よっぽどまっとうで筋が通っているじゃないか。

最初は口ごもったり、カッコをつけて無関心を装っている子もいたが、辛抱強く待っていると一様にいろんな思いや考えを語ってくれた。確かに親子間でまじめにコロナ禍をどう考えているか話すのは、思春期の子どもとはなかなか難しいかもしれない。でも私は、自分で息子や息子世代にこうして取材をするようになって、今までいかに息子たちの話を聞こうとしていなかったか痛感している。

スポンサーリンク

今、大人たちはコロナに翻弄されて右往左往し、半ばパニック状態で、他人の話をきちんと聞けなくなっている。あちこちで諍いが起きたり、考えの違う人をSNSで口汚くディスってしまうのも冷静に人の話を聞けないことが理由ではないか。

新型ウイルスに旧来の社会体制や以前の予防法で立ち向かおうとして、大苦戦中の大人たちだが、ひょっとしたらそんな様子を冷静に見ている、人類の新型である子どもたちの声の中に、新しい世の中の仕組みやコロナに対抗しうるヒントが隠れているのかもしれない。

機会があったらぜひ、身近な子どもに聞いてみてほしい。「ねえ、どう思う?」と。

信頼できるのは「HIKAKIN」。筋を通さない大人たちに15歳が言いたいこと(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース
 10代の新型コロナワクチン接種も広がる中、接種した(していない)体験を、中学3年生を中心に取材し、『「打ちたいけど親が打たせてくれない」コロナワクチン15歳7人に聞いた様々な事情』という記事でまと
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

子供は世界が狭いから仕方ない
そのうち単なる芸風の違いということに気づくだろう😅😅😅

コメント