体重超過により王座剥奪となった比嘉大吾にライセンス無期限停止処分 ファイトマネー相当額の20%も制裁金として徴収

体重超過により王座剥奪となった比嘉大吾にライセンス無期限停止処分 ファイトマネー相当額の20%も制裁金として徴収

比嘉はライセンス無期限停止処分 ファイトマネー相当額の20%も制裁金として徴収

日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、倫理委員会を開き、体重超過により王座剥奪となった前WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)についてライセンス無期限停止処分とすることを決定した。またファイトマネー相当額の20%を制裁金として徴収する。

ボクシングに対する社会的信用を毀損(きそん)したことなどが理由。解除は比嘉の体調回復なども考慮し、定期的なコンディション管理報告、健康状態報告などを受け総合的に勘案してJBCが決定するという。比嘉には次戦は1階級以上階級を上げて試合を行う「階級変更命令」も出された。また、具志堅用高会長、マネジャー、トレーナーを戒告処分とした。

比嘉は3度目の防衛を目指していたWBC世界フライ級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)の前日計量でリミットを900グラムオーバーし、王座を剥奪された。試合は挑戦者のクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)が9回TKOで勝利し、新王者となった。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

この制裁って重いの?軽いの?(;・∀・)

コメント