スポンサーリンク
スポンサーリンク

【驚愕】ケガした際の消毒薬、逆に症状を酷くする悪手だった

スポンサーリンク

皮膚を消毒するのを止めよう
耳原高石診療所
所長 松葉 和己

皮膚を消毒することがいかに皮膚によくないかが最近明らかになってきて、傷の治療法が完全に様変わりしています。切り傷、擦り傷、やけどなど、一昔前なら必ず消毒していました。年配の方なら、ヨーチンを傷に塗ったことがあるはずです。オキシドールもよく塗りました。塗ると泡がシュワっと出るのと同時に猛烈な痛みがやってきます。何とも言えん激しい痛みなのですが、大人は「これがええんや」と痛みに耐えることを強要しました。
今では、ヨーチンもオキシドールも過去の遺物になり、ほとんどすべての皮膚の傷は、消毒をしないほうが早く、痛みなく、きれいに治ることがわかってきました。それでもまだ「傷には消毒」という固定観念が、古い医師や看護師ほどあるようで、傷を見たらイソジンを塗りたくったあとにガーゼをあて、やけどにゲーベンクリームを塗り、リバノールガーゼをあてるといった誤った治療法があとを絶たないのが実情です。
消毒をすると何故よくないのか。それは、消毒薬が通常の皮膚の細胞自体を破壊するのみならず、せっかくヒトの皮膚を病原菌から守ってくれている常在菌まで殺してしまうからです。いわば熱湯を皮膚にそそぐのと同じ行為なのです。
正しい傷の治療法は、簡単です。まず水道水で傷口を洗い流し、汚い組織を除去すること。次にサランラップを傷の上にぴったりと載せること。それだけで傷はきれいに治ります。マキロンもオロナインH軟膏もいりません。そして、水に浸けてもお風呂に入ってもいっこうにかまわないのです。

http://www.mimihara.or.jp/takaishi/column3.html

 

ワイが子供の頃から一部で言われてた。最近になってその正しさが証明され広まりつつあるってことかな。

コメント