【悲報】富田林署から脱走して自転車で日本半周した樋田淳也君(32)、懲役17年

スポンサーリンク

大阪・富田林署逃走の樋田被告に懲役17年の実刑判決 加重逃走罪など地裁堺支部

スポンサーリンク

大阪府警富田林署から逃げ、各地で盗みを繰り返したとして、加重逃走や窃盗などの罪に問われた樋田淳也被告(32)に対し、大阪地裁堺支部は3日、懲役17年(求刑・懲役18年)の実刑判決を言い渡した。安永武央裁判長は「警察署の設備を壊して逃走し、約1カ月半にわたって逃亡生活を続けたことで社会に不安を与えた」と指摘した。

スポンサーリンク

樋田被告は、逃走前の事件を含め、計21件で起訴された。堺支部はこのうち18件を裁判官だけで審理し、5月に逃走を含む17件を有罪と判断。強盗致傷罪など3件は裁判員裁判で審理し、この日は全体の量刑を含めた判決を出した。弁護側は控訴を検討する。

スポンサーリンク

判決などによると、樋田被告は2018年8月12日夜、勾留されていた富田林署で弁護士と接見後、面会室の仕切り板を壊して逃走。盗んだ自転車で日本一周の旅行者を装い、四国や中国地方を転々とした後、9月29日に山口県内で現行犯逮捕された。

スポンサーリンク

弁護側は公判で、逃亡中に食料品や日用品を盗んだ事件などの犯行を認める一方、署の仕切り板を壊したのは第三者だと主張。逃走前の強盗致傷などについても無罪を訴え、「逃走に計画性はなく、逃走後の窃盗は生活のため、やむを得なかった」などと情状酌量を求めていた。

スポンサーリンク

安永裁判長は、樋田被告の主張について、「合理的な理由なく供述を変遷させている」などと信用性を否定し、ひったくり1件を除く20件を有罪と認定。逃走前に起こした強盗致傷や強制性交等などの事件については、「女性を標的にしながら金銭欲と性欲の赴くまま犯罪に及んでおり、厳しい非難が妥当する」と批判した。その上で、「服役を繰り返して出所後短期間で再犯に及んでいる。不合理な弁解に終始し、自分の犯行に向き合って反省しているとは言えない」と量刑理由を述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/66c49ecf8223867c1d22c1f9a50577750578c03d

スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

強姦魔はあかんわ。絶対またやる🥶🥶🥶

コメント