【画像あり】樋田淳也容疑者 逃走中にピースサインに笑顔で記念撮影に応じていた

 大阪府警富田林署から逃走し、周南市で確保された樋田淳也容疑者が、10日間以上にわたって山口県内の道の駅などを自転車で転々としていたことが30日、同行していた無職の男の供述や目撃情報から分かった。道の駅では「日本一周」の夢を語っていた。

真っ黒に日焼けした顔の口元を左手のピースサインで隠すような樋田容疑者。周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」で記念撮影に応じた。9月18日朝、愛媛県から同行したという男と道の駅に現れた。座った椅子の傍らには「行くぞ!日本一周中」と書いた紙を張ったリュックサックが置いてあった。

多くのサイクリストを受け入れてきた岡崎竜一支配人(54)は「2人とも本当に日本一周ができそうな装備だった。まさか逃走中だったとは」と言葉を失った。「櫻井潤弥」の名で、日本一周後のお礼を約束する手紙も残した。同町で樋田容疑者と会話した人によると、岩国市の飲食店で知り合った人の勧めで行き先を決めたという。26日に入浴無料だった町内の竜崎温泉でも目撃情報がある。

301 Moved Permanently

 

めっちゃ楽しんでて草

コメント