「海外で死亡例もあるヒアリ」←死亡例はありませんでした 環境省HP削除

国内で相次いで発見されているヒアリについて、海外での死亡例は確認できなかったとして、環境省はホームページから表現を削除した。

ヒアリの毒性について環境省は、アメリカ農務省の報告などに基づいて「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」などとしてきたが、専門家からの指摘で死亡例が確認されていないことが分かったという。死亡例は台湾や中国でも確認されておらず、環境省は該当する表現をホームページなどから削除した。

一方、先週、横浜港の本牧ふ頭で700匹以上のヒアリが見つかった神奈川県は18日、ヒアリ相談専門のコールセンターを開設した。ヒアリを見つけたと思ったら、刺激せずに連絡するよう呼びかけている。

神奈川県ヒアリコールセンター:045-210-4319

ヒアリ死亡例“未確認”環境省が表現削除|日テレNEWS24
国内で相次いで発見されているヒアリについて、環境省ではこれまで「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」などと説明してきたが、「海外での死亡例が統計上は確認できていない」として、こうした表現をホームページから削除した。

年間100人の死者が出とるとか言われてたけど、嘘やったか(;´∀`)

コメント

  1. より:

    うち、ブラジルに住んでたから
    ヒアリ知ってたけど、別に死なへんよw噛まれたりしたら、めっちゃ痛いのは変わりないが。

    ちなみに、この世で一番怖い生き物は『蟻』
    兵隊蟻、軍隊蟻は通り道にある生き物、食物は全部食べる。例え生きている動物でも