sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

記者「三島由紀夫賞を受賞した心境は」 作家「私の中に心境という言葉はない。馬鹿な質問はやめろ」

   

記者「三島由紀夫賞を受賞した心境は」 作家「私の中に心境という言葉はない。馬鹿な質問はやめろ」

三島由紀夫賞「はた迷惑」 受賞の蓮実重彦さん「ばかな質問やめて」と質問を次々却下 記者会見は重苦しい雰囲気に

「はた迷惑な話です」。第29回三島由紀夫賞に決まった蓮実重彦さん(80)。16日夜、東京都内で開かれた受賞記者会見は重苦しい雰囲気に包まれた。

蓮実さんは会見の冒頭、司会から「心境は」と問われると「私の中に心境という言葉はないので、お答えしません」。続く記者からの質問も「ばかな質問をやめていただけますか」などと次々却下。「(受賞は)はた迷惑な話だと思っております。日本の文化にとって非常に嘆かわしい。もっと若い方を選ぶべきです。選考委員が暴挙に出られたわけで、迷惑な話だと思っています」と言い切った。

受賞作「伯爵夫人」は、評論「『ボヴァリー夫人』論」を書いた影響が大きいと明かし「その100分の1の労力も費やしておりません。散文のフィクションの研究をしている者は、あの程度のものはいつでも書けます」とも話した。

http://www.sankei.com/life/news/160516/lif1605160028-n1.html

「もっと若い方を選ぶべきです。」ってのはよく分かる。であれば、なんで辞退しなかったのか?

 - ニュース, ネット