日馬富士「逃れられない」と引退決意の内幕 追い詰めた貴乃花親方の執念

 暴行事件の渦中にあった横綱、日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)がついに引退を決意した。

すでに師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)との話し合いを終え、29日にも記者会見を開き、表明するという。

ある親方が内情をこう打ち明ける。

「昨夜、『日馬富士はもう、このままではもたない。無理だな』と伊勢ケ浜親方があきらめたという話が流れ始めた。日馬富士は『もう一度、土俵にあがりたい。どんな処分、制裁でも甘んじて受ける』『酒をのんだばっかりに……、こんなことになるとは……』と後悔しきりだったそうだ」

しかし、暴行事件があった酒宴に同席した力士が次々と鳥取県警に呼ばれ、事情を聞かれた。昨日は同席した横綱、白鵬も7時間近く、事情聴取を受けた。

「鳥取県警が非常に厳しい姿勢だったので呼ばれた力士は皆、驚いていた。聴取を受けたある力士らの『ドラマの調べとは違って、細かいことまですごく聞かれる。嘘をついたり、ごまかしたりとかできない』『徹底して聞かれ、大きなことになりそうだ』という声が日馬富士の耳にも入った。その上、貴ノ岩(27=貴乃花部屋)の兄が頭部のケガの写真を公開し、暴行の跡がハッキリしたことも、ショックだったようだ。日馬富士はこれまで、最後はモンゴル力士同士なので、みんな仲間だから何とかなると思っていたが、許してもらえるという事態ではなく、もう逃れることはできないと思ったようだ。そして、『最悪は警察に捕まり、裁判かもしれない。そこまでなったら、とても相撲は無理』と言いはじめた。後援者は『処分が出るまで待て、まだ相撲はとれる』と慰留したが、『警察に捕まるかもしれないんです』『横綱なのにそういうことしてしまった。甘かった』と弱気になり、『責任をとるしかない。もう無理です』と話していたそうだ」(同前の親方)

貴ノ岩への暴行が発覚してから約2週間。次第に追い詰められた日馬富士は鳥取県警、日本相撲協会の危機管理委員会の調査が継続中だが、自ら身を引く覚悟を固めたという。

「引退して社会的な責任、制裁を受ければ、貴ノ岩と話して和解に持ち込める、起訴されずに済むというアドバイスが周囲からあったそうです。というのも、県警が同席した力士に『鳥取のスナックで現場に立ち会ってもらい検証するかも』と通告したそうです。そうなると事件解明が進み、これまでの日馬富士側の主張がひっくり返されるかもしれません。モンゴル仲間が『貴ノ岩の態度も悪い。だから注意の意味で殴った。しかし、白鵬が入ってその場で和解し、酒の席上のことなので双方、悪い』という感じで状況をマスコミに喋って援護射撃しても、警察の調べが進むとそんなごまかしでは通じない。同席した力士らが『もう今までの話では通せないですよ』と言い出したそうです」(相撲協会関係者)

日馬富士、伊勢ケ浜親方にとって想定外は貴乃花親方の頑なな態度だったという。

「あそこまで頑なで、被害届だなんてまったく思っていなかったというんですね。日馬富士は貴乃花親方の態度で思い知り、もうごまかしはきかないと。辞めることで、なんとか貴ノ岩や貴乃花親方に許しを請いたいと思ったようです。場所前から後援者や関係者がいろいろと手段を尽くして、貴乃花親方に貴ノ岩との示談、和解を探ったようですが、全く通じなかった。それどころか、貴ノ岩側が態度を硬化させ、ケガの写真まで出してきた。『自分で決着をつけて混乱を収めたほうがいい』と伊勢ケ浜親方に相談し、引退になったようだ。だが、その気持ちが貴ノ岩、貴乃花親方に通じるのかわからない。引退と事件は別、県警は捜査を続けるので、今後も苦しい状況が続くでしょう」(同前)

日馬富士は16歳でモンゴルから来日し、伊勢ケ浜部屋へ入門。2012年秋場所後に横綱に昇進。9回の優勝を果たしたが、志半ばで角界を去ることになりそうだ。

日馬富士「逃れられない」と引退決意の内幕 追い詰めた貴乃花親方の執念 〈週刊朝日〉
 暴行事件の渦中にあった横綱、日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)がついに引退を決意した。 すでに師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)との話し合いを終え、29日にも記者会見を開き、表明するという。 ある親方が...

マスコミが急に貴乃花親方を叩きはじめるのを見て『正義は貴乃花親方側にあるな』と思った(;・∀・)

コメント