【悲報】春香クリスティーンが学業専念のため芸能活動を休業した結果

春香クリスティーンの結婚相手は共同通信政治部記者 イケメン東大卒のエース

学業専念のため、今年4月より無期限の芸能活動休業に入っているタレントの春香クリスティーン(26)が、12月7日に結婚したことを所属事務所が発表した。

お相手は、かねてより交際が報じられていた共同通信の記者Aさん(30)。クリスティーンはかつて、「若い頃の麻生太郎さんに似ている」と語ったこともあったが、なかなかどうして、かなりのイケメンで――。

***

ちなみにAさんが勤務する共同通信は、2人の結婚をどう報じたかといえば――、

〈タレントの春香クリスティーンさん(26)=写真=が30歳の男性と結婚したと所属事務所が8日発表した。春香さんはスイス生まれで父は日本人、母はスイス人。テレビの情報番組などで活躍し、芸能界屈指の「政治マニア」として知られる。今年4月に芸能活動を休止し、秋にドイツの通信制大学に入学、日本とドイツを往復しながら政治・行政・社会学を学んでいる。(共同)〉

クリスティーンの情報ばかりで味も素っ気もないので、Aさんがどういう人なのか関係者に聞いてみた。

「東大では文学部の仏文でしたが、三島由紀夫(1925~1970)ファンでした。豊島区のシェアハウスに男ばかり3人で暮らしていたそうです。頭がいいのはもちろんですが、長身で目のパッチリしたイケメンですから、結構モテましたよ。クリスティーンとは2年前から交際していたので、去年の11月に彼女が休業を発表したときには、『結婚が近いのかな?』と思っていました」

Facebookを見せてもらうと、確かにイケメンの好青年だ。大学卒業後は、最初から新聞記者を目指したのかといえばそうでもなく、テレビ局も受験したようだ。ここからは、政治部記者の話である。

「なんでも民放から内定をもらっていたそうです。しかし、共同で面接を担当したデスクがえらく彼を気に入って、人事に『絶対に採ったほうがいい』と猛プッシュしたそうです。2011年に入社し、京都、水戸、東京、そして現在は沖縄の那覇支局で勤務しています。沖縄では米軍基地関係の仕事がメインになるわけですが、結構、独自ネタも拾ってきますし、若手のエース記者と言っていいんじゃないですか」

たしかに那覇支局に移ってからは、米軍普天間飛行場の辺野古移転に関する記事が多いようだが、Aさんの人柄がわかるようなものではない。

12/17(月) 7:31配信 デイリー新潮
意外にメルヘンチック
そこで、Aさんの最初の署名原稿と思われる記事を見てみよう。入社してまだ1年に満たない12年3月に中日新聞に署名原稿が掲載されている。

〈【関西発】京大吉田寮残したい 築100年 日本最古の自治寮 学生 補修方法探る〉というタイトルで、築100年を迎える日本最古の京都大学の学生自治寮について、老朽化により建て替えを検討する大学側と、帝大時代からの歴史ある建物の保存を訴える学生側の取り組みを記事にしている。

記事にある〈部屋で英語論文を読む学生もいれば、こたつでギターを弾く男子寮生の姿も。〉なんて一文は、自身の暮らしたシェアハウスが頭をよぎったのかもしれない。

また14年に熊本日日新聞に掲載された、長良川(岐阜県)での「リバーダイビング」体験記事には、

〈時折、ひんやりした水流が顔をなめる。水深6メートル。流れが速い所では川底の岩をつかんで進む。(中略)目当てのオオサンショウウオを見つけ、手招きした。体長1メートル。黒い体を岩陰に潜めている。ライトを当てると、いやいやをするように尾ひれを振った。〉

なかなか文学的であり、メルヘンチックでもあるのだ。

そんなAさんと結婚したクリスティーンは、共同の記事にもある通り、芸能界屈指の「政治マニア」で、言うべきことははっきり言う性格といわれる。

すでに沖縄で一緒に暮らしているようだが、政治的対立が生まれないことを祈る。お幸せに。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

学業に専念ってのはなんだったのか…(;^ω^)

コメント