仙台の羽生結弦祝賀パレード、10万人以上集まったのにゴミひとつ落ちていないマナーの良さ

羽生選手は、沿道や近くのビルから手を振るファンに「ありがとう」と言いながら手をふり返したり、ピョンチャンオリンピックのフリーの演技「SEIMEI」の最後のポーズを再現したりして、声援に応えたりしていました。

実行委員会の発表によりますと、沿道には国内外から前回4年前に比べておよそ1万6000人多い、およそ10万8000人が詰めかけたということです。

エラー|NHK NEWS WEB

 

素晴らしい( ´∀`)bグッ!

コメント