浜田雅功、息子ハマ・オカモトの“珍助言”にマジ切れ!?「あのガキほんま…」

浜田雅功、息子ハマ・オカモトの“珍助言”にマジ切れ!?「あのガキほんま…」

6月28日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、古舘佑太郎がゲスト出演。父に、アナウンサーの古舘伊知郎を持つ佑太郎が、父親との確執や知られざる交友関係を明かした。

19歳の時にバンド・The SALOVERSのボーカルとしてメジャーデビュー。その後、役者としても、連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)や「この世界の片隅に」(2018年、TBS系)に出演するなど目覚ましい活躍を見せ、7月5日(金)からは石橋静河とW主演を務める映画「いちごの唄」の公開を控えるなど、まさにひっぱりだこだ。

トークバラエティー初出演の佑太郎は、番組の事前打ち合わせでバラエティー出演に踏み出せなかった理由を「何をやってもコネと言われて、父親の七光りがコンプレックスだったから」と語っており、それでも出演したのは、「ダウンタウンさんがずっと好きで、この番組なら何とかしてくれるんじゃないかと…」と明かす。

これには松本人志から「どっぷりこっちに責任をなすりつける形で、のうのうとやってきたわけ?(笑)」と手厳しい一言が入り、一同から笑いを誘った。

そして話題は、父・伊知郎との関係に。佑太郎が慕う先輩・峯田和伸から「最近父親とけんかした」というタレコミが入り、峯田が仲直りとして「2人で温泉にでも行ったら?」と助言したという。

父とは2人きりでは話せず、姉を介してじゃないと会話ができないという佑太郎に、松本は「男の子は難しいかも。古舘さんも、男の子にどう接していいのか分からないのかな」と真面目にコメント。

また、佑太郎が浜田雅功の息子ハマ・オカモトとバンド時代から親交があったことから、今回の番組出演について相談したことを告白。

するとハマ・オカモトから「お前の悩みとか全部、あの人たちだったら分かってくれるよ」とアドバイスされたことを明かし、浜田は「あいつが何を言うてんの?(苦笑)」と怒りをあらわに。

松本も、「(今度)あのガキ呼ぼう(笑)」と高らかに宣言し、再び一同は大爆笑。さらに佑太郎は、浜田がハマ・オカモトとラジオで共演した際に、「大号泣した」と語り、「僕には永遠にできないこと。父と共演するには、僕自身がもっと成長しないと…」と真剣な表情で語った。

その後、佑太郎は特技だという“ウンチク”を披露することになり、モツ、ウイスキー、鍾乳洞、パイナップル、と次々と松本らからの振りに応え、松本は「今のは良かったで。お父さんの感じも垣間見えた」と絶賛していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00195538-the_tv-ent

sakamobi
sakamobi

ハマタさんは、子煩悩😊😊😊

コメント