【歌手】浜崎あゆみの人気がまさかのV字回復か

浜崎あゆみの人気がまさかのV字回復か!? 小説『M 隠すべき人がいて』大ヒットで誰も予想しなかった“第二の黄金時代”の兆しがヤバい!

“落ち目”と言われて久しい浜崎あゆみが、V字回復の兆しを見せている。小松成美氏が手掛けた自伝小説「M 愛すべき人がいて」がこれまで13万部のヒットとなっているのだ。すでに来春、テレビ朝日でドラマ化されることも内定している。 久しぶりにプラスのことで注目を集めた浜崎は上機嫌で、今度はTOKIO・長瀬智也との熱愛を綴った第2弾小説の構想に入ったという。

いったい何が当たるか分からないのが、芸能界の難しくもあり、面白いところでもある。浜崎への取材を元にした小説では、松浦勝人エイベックス会長との過去の秘められた恋を告白。

「正直、 浜崎と松浦会長が昔、付き合っていたことは芸能界の人間はみんなが知っている。“今更感”が強いし、またまた企画倒れと予想されていたが、蓋を開ければヒットとなり、業界人はみんな驚いている」(芸能プロ関係者)

新曲もコンサートのチケットも売れず、どうしても人気が落ちていることを実感させられていた浜崎も、これだけ話題になっているのだからご満悦だ。もちろんこれで終わらせるつもりはない。すっかりテンションは上がっており、第2弾にも意欲を見せているというのだ。

「松浦会長の次に告白するのは、オープンに付き合っていた長瀬しかいません。2人は2001年に交際を公表、2007年に破局を発表するまで、約7年間も付き合っていました。ペアで同じデザインのタトゥーを入れ、結婚間近と言われていましたが、 結果的に別れました。ただその理由については明言しておらず、次 の小説では知られざる2人の愛の軌跡がメインになると言われています」(出版関係者)

いざ出版となったらさすがにジャニーズ事務所からクレームが付き そうなものだが、「長瀬が所属するTOKIOは解散が取り沙汰さ れており、長瀬自身もジャニーズ退所の噂は根強い。もはやそこまで強くは出てこないだろう」(芸能関係者)

来年4月クールに、「M」はテレ朝でドラマ化されることでほぼ決定している。第2弾が出版されるのは、早ければそのタイミングと見られている。

「出版されれば、浜崎のファンだけではなく、長瀬 のファンも間違いなく買うでしょう。それこそ100万部超えとな ってもおかしくない」(前同)。

浜崎に第二の黄金時代が到来するかも!?

https://tocana.jp/2019/08/post_107944_entry.html

sakamobi
sakamobi

悲しいくらい惨めな提灯記事…😫😫😫

コメント