【驚愕】博報堂プロダクツ元社員、商品券250億円分詐取

スポンサーリンク

博報堂プロダクツ元社員が商品券250億円分詐取か…ローン返済やモデルガン購入、口座に16億円

スポンサーリンク

商品券10億円分をだまし取ったとして、警視庁は11日、博報堂の子会社で、広告制作会社「博報堂プロダクツ」(東京都江東区)元社員の小林司容疑者(47)(大田区南久が原)を詐欺容疑で逮捕した。2016年頃から約150回にわたって計約250億円分の商品券を不正注文し、金券ショップで換金して一部を代金の支払いに充てていたとみて調べている。

発表によると、小林容疑者は同社で販促品の企画制作を担当していた20年11月、大手印刷会社に「顧客の自動車メーカーがリコールのおわびとして配る」とうそを言い、商品券20万枚(10億円分)を注文して詐取した疑い。容疑を認め、「すべて金券ショップで売った」と供述している。

スポンサーリンク

商品券の換金額は約225億円に上った。うち約205億円を印刷会社への支払いに充て、約4億円を住宅ローンの返済や趣味のモデルガン購入に使い、残り約16億円は自分の口座に入れていたという。

20年12月、印刷会社から博報堂プロダクツに未払い金があると連絡があり不正が発覚。口座の現金などが弁済に充てられたが、約27億円が回収できなくなったという。小林容疑者は21年に懲戒解雇された。

博報堂プロダクツ元社員が商品券250億円分詐取か…ローン返済やモデルガン購入、口座に16億円
商品券10億円分をだまし取ったとして、警視庁は11日、博報堂の子会社で、広告制作会社「博報堂プロダクツ」(東京都江東区)元社員の小林司容疑者(47)(大田区南久が原)を詐欺容疑で逮捕した。2016年頃から約150回にわ
スポンサーリンク

当社元社員による不正と損失計上について – 博報堂プロダクツ

スポンサーリンク

2016年、当該元社員は当社の業務とは関わりなく、社名を騙った発注によって金券を調達し、金券ショップで換金、現金化していました。当該代金を支払うために、金券購入代金と金券の換金分との不足分(換金率によって金券満額分の換金はできないために生ずる)については、同様に金券を不正に追加発注し、金券ショップで換金、自身の個人口座に入金した後、発注先への振り込みを自ら行いました。

換金率分の不足を補う金券及び商品券の追加発注と金券ショップでの換金、発注先への支払いを繰り返し、不足分が増加していく自転車操業を4年にわたって続けた結果、昨年12月時点での金券及び商品券代金の未払い合計金額は約43億3千万円となっています。なお、本人が換金した16億2千万円は当社にて保全しております。

スポンサーリンク

業務とは関わりなく行われたことから、当社としては把握することができず、昨年12月に、発注先からの残高確認によって事態を認識するところとなり、現時点までの社内調査によって状況を把握したものです。

当社の損失額の合計は、未払い金額から保全金額を差し引いた約27億1千万円となり、同額を特別損失として計上することといたしました。

当社グループは警察への相談を行っており、今後、詳細をさらに明らかにしていくとともに、法的対応を検討してまいります。また、関係者の処分につきましては厳正に対処してまいります。

スポンサーリンク

これまでも当社は法令遵守の徹底に努めてまいりましたが、このような不正行為が発生したことを厳粛に受けとめております。再発防止とグループのガバナンス強化のために、親会社である博報堂DYホールディングス内に同社の独立社外取締役をリーダーとする特別委員会(*)を設置し、詳細な実態を明らかにしつつ、再発防止策を検討してまいります。それに先立ちまして、今回の事案が換金可能商品の利用により発生したことから、換金性の高い物品の取引を当面、原則禁止といたします。

当社元社員による不正と損失計上について - 博報堂プロダクツ
各位 2021年2月10日 株式会社博報堂プロダクツ 当社元社員による不正が発覚し、それにともない発生した損失の計上を行ったことをご報告いたします。当社において、このような事案が発生し、関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。 当社元社員(2021年1月29日付懲戒解雇)は...
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

儲かってない自転車操業か…俺だったら、ドキドキして寝られなくなる。下手すりゃ途中で気が狂うな😰😰😰

コメント