【朗報】厚労省「3年いた派遣の時給は3割上げろ」

派遣社員、3年勤務なら時給3割上げ 厚労省が指針

厚生労働省は派遣社員に勤務年数や能力に応じた賃金を支払うよう人材派遣会社に義務づける。同じ業務で3年の経験を積んで業務内容が変われば、初年度より賃金を3割上げるなど具体的な指針をまとめた。「同一労働同一賃金」の制度が2020年4月に始まるのに合わせ、正社員との賃金差を縮小する。

現在、派遣社員の賃金は平均で正社員より2割ほど少ない。厚労省は派遣社員の賃金を底上げしてこの差を縮め、不合理に待遇に差をつけることを禁じる同一労働同一賃金に対応する。

人材派遣会社にとっては、人手不足が深刻な現状で賃金が上昇すると、人材を集めやすくなる面がある。ただ「派遣先企業に働きかけて、派遣単価を上げてもらう必要が出てくる」(スタッフサービス・ホールディングス)。企業がコスト増を敬遠して派遣社員の活用に慎重になれば、派遣社員の雇用機会が減っていく恐れもある。

厚労省は派遣社員の勤務年数ごとに適正とする賃金水準の指針をまとめた。1年勤めて担当業務が経験に応じて上がる場合は、働き始めたときに比べて16.0%増を目安とする。3年後は31.9%増、5年後は38.8%が基準になる。

例えばシステムエンジニアの基準賃金は時給1427円で、1年後は1655円、3年後は1882円になる。働き始めてから1年目でも3年目の人と同じ仕事をすれば、賃金も3年目の人と同等になる。

現在、派遣社員は同じ職場で3年までしか働けない。派遣先が変わった際には賃金が下がるケースがあり、勤務先によらず経験に応じた賃金を受け取れるようになる。

厚労省はこのほど全国の労働局に指針を伝えた。改正労働者派遣法が施行される20年4月から適用する。同一労働同一賃金の違反に罰則はないが行政指導が入るため、法令順守の観点などから対応が必要になる。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47434240X10C19A7MM8000?unlock=1&s=1

sakamobi
sakamobi

これまでの流れからしてマジで3年で切られると思う😨😨😨

コメント