sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

機内で喫煙にトイレ盗撮、台湾で恥をさらす日本人 「親日国」で好き勝手をやる困った人たち

   

機内で喫煙にトイレ盗撮、台湾で恥をさらす日本人 「親日国」で好き勝手をやる困った人たち

 12月9日、台湾のフラッグキャリア・中華航空の機内で日本人男性客3人が暴れ、空港に引き返した後に台湾当局に拘束された事件が起きた。以下、現地紙の報道をもとに、彼らのご乱行(らんぎょう)をより詳しく見ていこう。

 事件が起きたのは現地時間9日午後1時55分に台北桃園空港を離陸した中華航空CI835便の機内だ。福岡から台北乗り換えでバンコクへ行こうとしていた30~40代くらいの日本人男性3人は、台北までの機内や桃園空港内でも免税店で購入した酒を散々に飲んでいたらしく、さらに当該フライトの離陸前の機内でも飲酒を続けていた。

離陸時の安全管理の目的から、CAは男性3人に注意を与え、酒瓶を機内預かりに。だが、3人はなおも別に持っていた酒を飲み続けたという(酒種は不明だがハードリカーだったようだ)。機内では酒が回りやすいため、相当に泥酔したことは間違いない。

決定的な事件が起きたのは、機体が水平飛行に入り澎湖島上空に差し掛かった午後3時頃だ。飲んでいい気分になった彼らの1人が、なんと席に座ったままタバコに火を付けた。さすがにこれはマズいと同乗の友人が止めたが、彼はトイレに移動して喫煙を続けた。

当然ながらCAから強い注意を受けたが、日本人男性3人は吸い殻を確認しようとしたCAと揉み合いになり騒ぐなどして抵抗。騒ぎの報告を受けた機長は桃園空港に引き返すことを決定し、3人は空港で警察に引き渡された。結果、運行に4時間半の遅れが出て260人が足止めを食らった。

逮捕された3人の人相や服装、機内での行動、バンコク行きに安価だが時間がかかる台北乗り換え便を選択している点などから判断する限り、彼らが旅慣れた出張族とは考えがたい。九州の元ヤン気質の男性たちがタイで休暇を過ごそうとしてハメを外しすぎた・・・というところだったのではないか。

 彼らとしては、1990年代のヤンキーが修学旅行のバスでオラついたりタバコをくわえるのと同じノリで、ちょっとイキがって悪いことをやってみたかったのかもしれない(もちろん国際線の飛行機でそんな「おいた」は許されず、国際ニュースで顔が配信されて罰金を科される結果になるのだが)。

 台湾では他にも、飛行機関係で日本人が問題を起こす例が少なくない。近い例で言えば2016年12月、台北松山空港から羽田行きの便に乗り込んだ日本人男性が、「席をビジネスクラスに換えてくれ」と要求。それが拒否された後もフライト中を通じて一悶着があったらしく、男性は日本到着後の降機ブリッジ上でCAの腹を殴打し、空港警察に一時拘束されている。

こちらは日本国内で犯行に及んだため、台湾側メディアの詳細な後追い取材がなくウヤムヤになったが、やはり大きな問題であった。

台湾で恥ずかしい事件を起こしまくっている日本人

台湾はいわゆる「親日国」だ。日本人に対する好感度は全体的に高い傾向があり、中国大陸や東南アジアなどからの旅行客と比較すると、日本人が現地の商店主や警官から好意的な待遇を受けられるケースが少なからず見られる(逆に他の国の人が差別されているとも言えるが)。ただ、それに甘えて問題を起こす人も多いのが実情だ。

今回は、今年明らかになった日本人による台湾国内での犯罪や不祥事の数々を紹介していくことにしよう。

(1)トイレで男性の用便を盗撮した32歳が逮捕

10月14日夜、台北市警が長安東路をパトロール中、ある鍋料理店から「盗撮よ!」と叫ぶ女性の声を聞きつけ、現場から逃げ去ろうとした犯人の男を追跡。路地裏まで追いかけて現行犯逮捕に成功した。犯人はしばらく警察に抵抗したが取り押さえられたという。

盗撮犯は観光旅行にやってきたという32歳の日本人だった。当該の鍋料理店内のトイレが男女共用なのをいいことに、手持ちのiPhoneを壁の下の隙間に突っ込んで盗撮を図ったところ、用便中の相手はなんと男性。「おまえ、なにやってるの?」と声を掛けられてすぐさま逃走を図ったが、火鍋店の客や従業員が騒ぎ出し、たまたま付近をパトロール中だった警官に見つかって御用となった模様だ。

男性は取り調べに対して、自分は火鍋店の客ではなく、酔った勢いで盗撮を目的に同店のトイレに侵入したと供述。なお、彼が盗撮したかった対象が女性だったか男性だったかについては報道で明らかにされていない。

(2)和歌山出身30歳、連続万引きで逮捕

8月10日夕方、台北市内の繁華街・西門町の靴屋やアパレルショップでさまざまな商品の窃盗を繰り返していた和歌山県出身の日本人の若者・山内翔太容疑者(30)が逮捕された。ある店で犯行がバレ、200メートルの追跡を受けた後に地下鉄で逃走を図ったが、市民と警察に取り囲まれて御用となったという。

 現地メディアによると、逮捕後に「時間がなくてお金を払えなかった」「すいません、買いますから」とあまり流暢ではない中国語で話した山内容疑者は、台湾訪問が通算8回目で、今年だけでも3回目。拘束後もトイレに行くふりをして再度の逃走を図ったため、怒った警官からついに手錠を掛けられてしまった。なお、容疑者は犯行前に酒を飲んでいたとされている。

 取り調べによると、彼は台湾に恋人がいるため訪台回数が多いそうで、犯行の翌日に帰国予定だったとのこと。店員の目を盗んで靴を持ち去ったり、試着するフリをしてそのまま店を出たりと手法がずいぶん手慣れており、また窃盗品が大量であったことから余罪も疑われている。

犯行の動機はまだ明らかにされていないが、アシが付かない海外で帰国直前に大量に万引きをおこない、日本国内のフリマサイトなどで売る気だったのかもしれない。

(3)駐車場で台湾女子と合体した42歳

10月上旬、台湾のネット上にある動画が流れて話題になった。台北市民生東路の某駐車場で、屋外にもかかわらず行為におよんでいた男女がいたというのだ。

現地メディアの報道によると、当該の2人はまず熱く抱擁しあってから何度もキスを繰り返し、さらにお互いズボンを脱いで下半身を開放。女性が片足を男性の臀部に巻きつけ、極めて情熱的な交合を繰り返したそうである。もっとも立ちポジションでは重心のバランスが悪かったためか、2人はいったん地面に座り込み、それから「直接在地上開戦(原文ママ)」に及んだ(行為の詳細をここまで記す台湾メディアもどうかと思うが)。

のちに明らかになったところでは、当事者2人は日本人男性の中野さん42歳と、その恋人で台湾人の24歳女性とのこと。警察の取り調べに「泥酔していてまったく覚えていない」と話した2人だが、台北市警は公然わいせつ罪で送検したとのことである。

 台湾を訪れた日本人による酒関係の失敗は他にも現地メディアで多数伝えられている。例えば8月3日夜、繁華街の林森北路で泥酔した日本人男女が路上で寝ており、警察が出動。完全に人事不省の状態で中国語もろくに通じない2人の始末に忙殺されることとなった。

「酒の上での失敗」は言い訳にならない

一連の事件を見てみると、大部分は「酒に酔って」おこなわれたものである。もっとも、台湾(南方の華人圏全体)は前後不覚になるほどガブガブ酒を飲む習慣があまりなく、酔って醜態をさらす行為は、現地の社会では非常に恥ずかしいこととみなされる場合が多い。日本国内では免罪符的に使われがちな「飲んでいたから」という言い訳は、台湾ではいっそうダメなイメージで捉えられることは指摘しておこう。

今回挙げた例の他にも、今年11月に帰国便のLCC(格安航空)に乗り遅れて帰国のお金も持たない若い日本人女性が現地警察に助けてもらった、昨年10月に徒歩で台湾一周途中の若い日本人女性が野宿の代わりに警察署に泊めてもらったといった、一応は「美談」になっているものの、よく考えると問題の多い日本人の行動が近年しばしば話題になっている。

台湾は比較的治安もよく、なにより現地の人が日本人に対して「甘い」ため、旅行先として非常に気持ちよく過ごせる場所なのは事実だ。ただ、よくも悪くも日本人が注目を集めやすい国だけに、問題を起こすと大きく報じられ、文字通りの「日本の恥」を晒すことになる。

年末年始に現地を訪れる予定の方には、ぜひとも節度を持って台湾を楽しんでいただきたいと思うばかりだ。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51828

日本には昔から「旅の恥はかき捨て」なんて言葉もあるくらいですからね(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット