sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

息子の命を奪った男が偽名でレストラン勤務 怒りの母親がSNSで本名を暴露(英)

   

息子の命を奪った男が偽名でレストラン勤務 怒りの母親がSNSで本名を暴露(英)

5年前に我が子を殺害された母親が、あるファミリーレストランでその殺人犯が名前を変えて勤務していることを知り、怒りと警告を込めてSNSで男の画像と本名を暴露した。しかしその後、警察から「再び投稿するとハラスメント容疑で逮捕することになる」と警告を受けてしまったという。英メディア『The Sun』『Lincolnshire Live』『Mirror』などが伝えている。

英リンカンシャー州に暮らすカーリー・ホプソンさん(29歳)は2012年12月19日、交際していたジェイソン・レッドグレイヴ(30歳)に息子のイーサン君(生後6か月)を預けて、友人の誕生日パーティへと出かけた。ジェイソンは子供の父親ではなかったが、カーリーさんは息子を任せても安心と彼を信用していたという。ところがジェイソンから電話で「イーサンが息をしていない」という連絡を受け、自宅に戻ったカーリーさんは変わり果てた息子の姿を目にした。

イーサン君には顔や目、頭皮などに複数の傷があり、4か所の鈍器外傷が見つかった。目の傷は網膜にまで影響を与えており、脳と頭蓋骨間が出血していた。シェフィールド子供病院に搬送されたイーサン君には生命維持装置が装着されたが、5日後に脳損傷で死亡した。

ハル刑事法院で行われた裁判で、ジェイソンは「他の“男性”とメッセージをやり取りしている時に泣かれて邪魔されたので、カッとなって叩いた」と供述したが、殺意を持っていなかったことが明らかとなり、過失致死罪で8年の懲役刑が科せられた。

ところが、2015年12月にわずか3年ほどの刑期を終えただけで条件付きの早期出所をしていたようだ。このほどレストランチェーン「Damon’s(デイモンズ)」のリンカンシャー店でジェイソンが勤務しているところを、偶然店に来たカーリーさんの友人が見つけ、店に苦情を伝えた。ジェイソンの制服の名札には“ディラン”とあり、カーリーさんの友人は身元を偽り仕事をしている殺人犯に怒りを覚えた。しかしこれに関して一部メディアでは、ジェイソンは正式に名前変更しており、この時はディラン・クーパーと名乗っていたと報道している。

友人はマネージャーに「あなたの店で働く“ディラン”についてお知らせしておくわ。あの男の本名はジェイソン・レッドグレイヴで、乳児殺しの犯人よ。私自身、友人や家族とあなたの店によく行くけど、ディラン(ジェイソン)が働いている以上、二度と利用しない。まして子供を連れていくなんて真っ平よ!」とメッセージを送った。

Damon’sはこの苦情を受けて、2月3日にジェイソンを解雇した。ただ店側はジェイソンの採用時、応募用紙に本名や前科を記載していたか否かについては明かしていない。

カーリーさんは友人からの連絡を受けて、Facebookにジェイソンの写真と本名を投稿して世間に警告を促した。だがその後、警察官の訪問を受けたカーリーさんは、自分が逮捕される可能性があると伝えられたのだ。

「家に警察官が来て、これ以上ジェイソンのことをSNSに投稿したら逮捕すると言われたんです。私の息子を殺したことを棚に上げて、私からの嫌がらせを受けていると警察に話して非難しているようですよ。写真を載せるべきではなかったのかもしれませんが、息子を殺した犯人にハラスメント呼ばわりされる筋合いはありません。乳児殺人犯が堂々とレストランで働いていることを世間に警告するのは当然でしょう!? 警察はジェイソンが嫌がらせのメッセージや電話を受けていると言っていましたが、私ではありません。私は彼の連絡先も知らないし話したくもないんです。ジェイソンは警察に“今は家を出るのが怖い”と言っているようですが、いい気味ですよ。あの男が自分で何をしたのか、ビクビクしながらこれからも生きて行けばいいんです。」

自身もDamon’sへよく足を運ぶことがあるというカーリーさんは「あの夜、もし私も店にいてジェイソンを見かけていたらと思うと…どんな行動に出たかわかりません」と話している。また、ジェイソンが受けた判決についても不満を露わにし、このように話した。

「ジェイソンは出所後、もう二度と同じ人生は歩めないのでしょうけど、過失致死とはいえこんな少ない刑期で出所というのはあり得ません。あまりにも判決が甘いし、本人にとって何の教訓にもならず正しい判決とは思えません。」

このニュースを知った人からは「だからこの国の判決は間違っているんだ」「幼い子を殺しておきながら、なんでそんなに早く出所できるわけ?」「刑期が甘いから犯罪が増えるんだ。こんな奴、死刑でいい」といった声があがっている。

http://japan.techinsight.jp/2018/02/ellis10060213.html

被害者家族の心情は理解できる

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット