【怖すぎ】気づかすに母の遺体の上で30年暮らしていたことが判明

【怖すぎ】気づかすに母の遺体の上で30年暮らしていたことが判明

床下の遺体 不明の母親と判明

先月、五條市でリフォーム工事中の住宅の床下から見つかった白骨化した遺体は、警察の鑑定の結果、この家に住む夫婦の母親であることがわかりました。
警察は引き続き、床下に遺体があったいきさつを調べています。
先月、五條市の住宅でリフォーム業者の男性が床板の張り替え作業をしていたところ、床下に白骨化した遺体があるのを見つけ、この家に住む50代の男性が警察に通報しました。
警察が、その後、DNA鑑定を行ったところ、遺体は、この家に住む男性の妻の母親であることがわかりました。
警察の調べによりますと、母親は、およそ30年前、出かけたまま行方がわからなくなり、当時、家族から警察に届けが出されていたということです。
警察は、引き続き、床下に遺体があった詳しいいきさつを調べています。

エラー|NHKオンライン

 

 

>母親は、およそ30年前、出かけたまま行方がわからなくなり、当時、家族から警察に届けが出されていた

ひえっ…(;´Д`)

コメント