ベガス銃乱射 出演してたミュージシャン「銃を持ってても無意味だと思った。銃規制は必要」

ベガス銃乱射 出演してたミュージシャン「銃を持ってても無意味だと思った。銃規制は必要」

 アメリカ・ラスベガスの銃乱射事件で、標的とされたコンサートに出演していたミュージシャンの1人、キャレブ・キーターさんはツイッターを通じて、これまで銃の規制に反対してきたことについて「間違っていた」とし、「自分や仲間が脅かされるまで、それに気づかなかった」と述べました。

キーターさんは自分たちもツアーバスに合法的に銃を持っていたが、「何の役にも立たなかった」とした上で、「銃規制が今すぐ必要だ」と呼びかけました。

「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。

それでもトランプ支持者の多くは相変わらず銃規制に反対なんだろうなぁ(;´Д`)

コメント