グッチが口元まで覆える黒いセーターを発売→黒人差別だと批判殺到 販売中止に

高級ブランド、グッチが販売した口元まで覆える黒いセーターについて、口の周りが赤く縁取られ、分厚い唇のようにも見えるデザインが黒人を差別しているなどと、SNS上で批判が広がったため、グッチは謝罪して販売を中止しました。

この黒いセーターは、グッチが今シーズンの冬物として販売していました。口元まで覆うことができ、口の部分には穴があいていて、この穴は赤い色で縁取られています。

欧米メディアによりますと、この製品を見かけた女性がツイッターにセーターの写真とともに批判する投稿をしたところ、「どうしてグッチは人種差別にならないようにできなかったんだろう」といった黒人に対する差別だという意見が広がりました。

これを受けて、グッチはツイッターで「深く謝罪する」としたうえで、この製品の販売を中止して店頭やオンラインストアから撤去したと発表しました。

また、「組織の多様性を高めることに尽力し、今回のことを深い学びの機会としたい」とコメントしています。

ファッション業界では、去年12月にも、高級ブランドのプラダが販売した黒い色で唇が分厚いサルに似たキャラクター製品に対して、「黒人への侮辱だ」という批判が広がり、プラダは販売中止に追い込まれました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190207/k10011807031000.html

 

sakamobi
sakamobi

「なんでもかんでも差別にするな」という意見もあるけど、さすがにこれはダメでしょ…(;´Д`)

コメント