【衝撃】剛力彩芽、オスカー社長激怒の理由とは

記録的な猛暑にも負けないほどアツアツだった2人も、秋の訪れとともにすっかり鳴りを潜め……。明け透けなSNS投稿が炎上した剛力彩芽(26)、そして、お相手のZOZO・前澤友作社長(42)。口をつぐんだ背景には、彼女の事務所社長が釘を刺したことがあったというのだ。

***

プロ野球の球団を持ちたいと言ってみたり、つい最近も月旅行計画をぶち上げたり。相変わらずカレシ側の話題は尽きないが、少なくとも、SNS大炎上は夏を最後に治まっている。

「実は剛力の所属するオスカープロの社長が、2人にチクリとやったからです」

とは、さるスポーツ紙の記者。

「今年7月に、2人はプライベートジェットでサッカーW杯を観戦しに行きました。その様子を剛力が自身のSNSに投稿したところ、自慢めいていると顰蹙を買って炎上したわけです。慌てて削除したものの、約2週間後には彼女がクルーザーで昼寝をする前澤社長の写真を載せたため、再炎上しました」

その結果、CMスポンサーから苦情も入り、当初は黙認していた事務所社長も黙っていられなくなったようだ。

「1カ月ほど前に2人が事務所へ来た際に、社長が“インスタを控えるように”と忠告したそうです。2人との面会後に社長が関係者に対して、“前澤は手土産も持ってこなかった”とボヤいていたと聞きました」(同)

表示できません - Yahoo!ニュース

 

前澤がオスカーを買収してしまえがすべて解決や!😉

コメント