sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

Googleが短縮URLサービス終了

   

Googleが短縮URLサービス終了

Googleの短縮URLサービス「goo.gl」がまさかの終了を発表。作成済みURLは今後どうなる?

Googleは「goo.gl」ドメインで知られるURL短縮サービス「Google URL Shorter」を終了すると発表した。まずは第1段階として、匿名ユーザーによる利用が4月13日までに打ち切られる。

これは3月30日に同社の開発者ブログで明らかになったもので、2009年から提供されてきた本サービスを終了し、Firebase Dynamic Links(FDL)への移行を促すというもの。FDLはデバイスを問わずURLを送信可能な上位サービスだが、一般ユーザーにはややハードルが高いことから、同社では同等の短縮URLサービスであるBitlyやOw.lyへの移行を推奨している。気になるのはこれまで作成された「goo.gl」ドメインの短縮URLサービスだが、新規作成が完全に停止される2019年3月30日以降も引き続きアクセスできるとのことでひとまずは安心だが、コンソールを使ってのアクセス解析などの機能が使えなくなるほか、URLを自動的にgoo.glに置換するサードパーティ系の拡張機能は動作しなくなることが見込まれ、ユーザーはもちろんサードパーティの開発者も対応が必要になりそうだ。なお、最も直近で影響を受けるのは匿名で利用するユーザーで、4月13日までに短縮URLの作成が行えなくなるとのことだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14518453/

 

セキュリティ上の問題もあるし、そもそもTwitterの文字数対策のために始まったようなもんだから、TwitterがURLを文字数カウントしなくなった時点で続ける必要なかったんだよな。

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, Twitter・SNS, ニュース, ネット