sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【朗報】Google社員、死んでも安心

   

【朗報】Google社員、死んでも安心

・Googleの社員が亡くなった場合、その奥さん、または同性愛の配偶者は、その社員の給料の50パーセントを10年間に渡ってもらえる 

・亡くなった社員の奥さん、または同性愛の配偶者は、その社員に付与された株式を所得できる

・亡くなった社員の子どもたちは19歳になるまで、毎月1000ドルを受け取ることができる

・子どもが大学などに進学する場合、この期間を延長できる

グーグル、福利厚生を社員の死後にも拡大

Googleが死亡社員の遺族に「遺族年金」を支払うことが、同社のチーフピープルオフィサーであるLazlo Bock氏に対するForbesのインタビューで分かった。また、同社の社員の最高年齢は83歳だという。

Bock氏はGoogleの方針について、在勤中の社員が死亡した場合、年間給与の半額を10年間、遺族に毎年支払うと説明している。さらに、社員に付与されていた全てのストックオプションは行使され、子どもは19歳(フルタイムの学生なら23歳)になるまでの間、月額1000ドルを受け取れるという。

  「最近われわれが気付いたのは、人生で最も過酷かつ確かな事実は、われわれのほとんどはある時点でパートナーの死に直面するということだ」とBock氏は言う。「そして、それはどのような状況であれ悲惨で困難な時期であり、そのようなことを会社として経験するたびに、われわれは死亡した社員の残された遺族を支援する方策を見つけようと努力してきた」

前述の83歳の社員がどのような人物なのか、またその役割についてはまだ情報がない。米CNETはGoogleにコメントを求めているが、本稿執筆時点では回答を得られていない。

https://japan.cnet.com/article/35020336/

 

優秀な人材を集めるには社員だけでなくその家族も優遇しないとってことだね( ´∀`)bグッ!

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット