サッカー日本代表の失点についてBBC「GK川島の恐ろしいミス」→川島「本当にやることはやりきった気持ちです」「こういう経験が日本のプラスになっていく」

サッカー日本代表の失点についてBBC「GK川島の恐ろしいミス」→川島「本当にやることはやりきった気持ちです」「こういう経験が日本のプラスになっていく」

英解説陣、日本の2失点に疑問符…フェライニの高さは評価も1失点目は「GKの恐ろしいミス」

ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦が2日に行われ、ベルギーと日本が対戦する。

両チームスタメンが発表され、ベルギーはヴァンサン・コンパニが復帰。エデン・アザール、ロメル・ルカクといった選手が順当に先発に入った。対する日本は本田圭佑がベンチスタートで、香川真司、乾貴士らがスタメン。初戦、2戦目と全く同じ11人を送り出している。

日本は前半をスコアレスで折り返すと、後半開始早々にカウンターから原口元気が抜け出す。見事なシュートをゴール左に突き刺し、先制点を奪う。さらに直後、乾貴士も強烈なミドルシュートで追加点を挙げる。しかし、コーナーキックからヤン・フェルトンゲンが長い距離をヘディングで折り返すと、そのままゴールに吸い込まれた。

この得点には英『BBC』の解説陣もGK川島永嗣のミスであると糾弾。クリス・サットン氏は「恐ろしいキーパーのミス」と話してこう続ける。

「フェルトンゲンは強いヘディングだったが、角度はなく12ヤードも離れていた。ゴールを狙ったのではなく、折り返したのだろう。運が良かったんだ」

ベルギーはマルアン・フェライニを投入すると、すぐに采配が的中。エデン・アザールのクロスからヘディングで叩き込み、スコアをタイに戻した。サットン氏は「DFにとって悪夢だ。素晴らしい働きだった。ベルギーは本当の戦いを見せ始めた」と称賛した。同じくコメンテーターのマーティン・キーオン氏も「アザールの素晴らしいクロスだったが」と前置きしつつ、フェライニのヘディング弾を評価している。

「高く飛び上がり、しっかり捉えた。並外れているね。イングランド戦でも重要な働きを見せたし、大きな変化だった」

1失点目はGK川島永嗣のミス BBCの解説陣が糾弾 - ライブドアニュース
現地時間2日、日本代表はロシアW杯でベルギーと対戦し、2−3で敗れた。1失点目のフェルトンゲンのゴールは、川島永嗣のミスだとBBCの解説陣が糾弾。フェルトンゲンのヘディングは、ゴールを狙ったものではないと分析した

 

 

日本代表のGK川島永嗣はベルギー戦に敗れた直後、フラッシュインタビューに応じた。

川島は「本当にやることはやりきった気持ちです」と語りながら、こう続けた。

「一つの壁を超えるのに多くの苦しみがありましたし、そういう悔しい思いがここまで来れた。またこの経験が新たな景色を見せてくれると思う」

「個人のことは考えていない。ここにたどり着くまでチームとして個人が助け合って、これが日本の誇りだと思う。こういうメンタリティが日本らしさだと思う」

「本当にいろんなことがあって、全員が、選手、監督、スタッフが同じ方向を向いてやってきたことが大きく、こういう経験が日本のプラスになっていく」

Football News, Live Scores, Results & Transfers | Goal.com
The latest football news, live scores, results, rumours, transfers, fixtures, tables and player profiles from around the world, including Premier League.

 

今大会、正直川島のミスはかなり目立ったけど、まあ頑張ったと思うし、これも日本の課題なんだろうな(;´Д`)

コメント