【ドイツを見習え】ドイツ政府、日本と死刑廃止に向け対話したい

【ドイツを見習え】ドイツ政府、日本と死刑廃止に向け対話したい

 麻原死刑囚らの死刑執行に対し、ドイツ政府は死刑を拒否し、日本と死刑の廃止に向け対話したいとする声明を出しました。

死刑執行を受けて出した声明でドイツ政府の人権問題担当官は、オウム真理教による地下鉄サリン事件で犠牲となった遺族に思いを寄せるとしていますが、死刑については、非人道的で残酷な刑罰で死刑を根本的に拒否するとしています。その上でドイツは、日本と死刑制度の廃止について対話を続けていきたいとしています。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

画像は警官が射殺した犯人の数。日本では司法の判断で死刑を決めますが、ドイツでは警官個人によるその場の判断で事実上の死刑を執行しています。

コメント