sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

人とサルで排ガス吸引実験、独自動車3社に非難集中

   

人とサルで排ガス吸引実験、独自動車3社に非難集中

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)、ダイムラー(Daimler)、BMWの3社が、ディーゼル車の排ガスを人やサルに吸わせる実験に出資していたことが判明し、非難の矢面に立たされている。排ガス不正問題に続き、同国の主力産業である自動車業界がまたもやスキャンダルに見舞われた形だ。

ディーゼル車の排ガスは、ぜんそくや肺疾患、心臓発作との関連性が指摘されている。実験に関する報道は各方面で怒りの声を呼び、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相も、シュテフェン・ザイベルト(Steffen Seibert)報道官を通じ出した声明で「サルや人までをも対象にしたこれらの実験は、倫理上正当化のしようがない」と強く非難した。

独日刊紙の南ドイツ新聞(Sueddeutsche Zeitung)とシュツットガルト新聞(Stuttgarter Zeitung)は29日、3社が出資していた研究団体「運輸部門における環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」(現在は解散)が、健康な25人を対象に窒素酸化物を含むガス吸引の影響を調べる実験を2013~14年にドイツ国内で委託していたと報道。

その数日前には米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が、同団体が2014年に米国でサルを対象にした実験を行っていたと報じていた。同紙によると、実験は気密室に入れたサル10匹にアニメを見せながらVWのビートル(Beetle)から出る排ガスを吸わせるものだった。

VWは先週末、この動物実験について謝罪し、同社は「いかなる形態の動物虐待からも明白に距離を置く」と言明していた。

ドイツのクリスチャン・シュミット(Christian Schmidt)運輸相代行は、政府が問題企業との特別会合を求めたと説明。「これは自動車業界に対する信用をまたも傷つけた」と指摘している。

自動車業界は長きにわたり、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて環境に優しいと主張していた。だが2015年、VWが排ガス試験での不正を可能にするソフトウエアを1100万台のディーゼル車に搭載していたことを認めたことで、同業界には厳しい目が向けられた。

3社はEUGTと距離を置く姿勢をみせ、内部調査を開始すると約束している。BMWは声明で「BMWグループは問題の研究には参加しなかった」と説明。一方のVWは、EUGTは「独立した」研究機関として設立されたものだったと言明している。

人とサルを対象とした実験はいずれもEUGTが委託したものだったが、同団体はディーゼル車の高い環境性能を示すことを目標に3社の出資によって設立されていた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3160396

なんて酷いことを…( ;∀;)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット